ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016」に投票しました。

毎年恒例となっている「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016」に投票しました。

毎年、自分が投資している投資信託から選ぶことに決めており、今年も同様です。

証券会社の投資信託保有ポイントサービスを批判する人

投資信託の保有額に応じて、ポイントを付与してくれるサービスを、だいたいどこのネット証券会社でもやっています。

大物と言われるブロガーの中には、このようなサービスに対して批判的な人が、結構います。

ずばり書くと波紋を呼びそうなので、ありがちな形で書いてみます。(これでも不快に思われる方がおられたら、すみません)

期待のたわらノーロード新興国株式登場!

たわらノーロード


以前から新興国株式の格安インデックスファンドを期待していましたが、ついにたわらノーロード新興国株式の登場です。

■たわらノーロード新興国株式
 インデックス :MSCIエマージング・マーケットインデックス
        (円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)
 申込手数料  :無料(ノーロード)
 信託報酬   :年率0.495%(税抜)
 信託財産留保額:0.3%



「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」の結果発表

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」の結果がで発表されていました。

 1位:<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
 2位:三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
 3位:バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
 4位:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
 5位:ひふみ投信

私も投票したニッセイ外国株式インデックスファンドが1位を獲得していました。

私の投資スタイルはインデックス投信の積み立てをしながら、IPOや株主優待クロス取引などのプラスアルファの収益機会をしっかり利用するというものですが、やはりほとんどの資産はインデックス投信で保有しています。なので、インデックス投信のトレンドは気になるものですし、Fund of the Yearにより、投資環境が活性化することはとても意義深いことだと思います。

波乱の幕開けとなった今年1年が更なる投資環境の活性化になるように、投信ブロガーの端くれとして期待しています。

ブログランキングに参加しています。  
参考になった方はクリックをお願いします。  
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
 にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ


信託報酬値下げ競争の影響がSBI証券の投信マイレージサービスへ


-shared-img-thumb-YUKA_schoolkakaeru15215519_TP_V

SBI証券の投信マイレージサービスは、投資信託の保有額に応じて、ポイントが付与されるサービスです。SBIカードを持っていると還元率が大幅にアップし、投資信託の保有額が1000万円超の時は年間0.24%ものポイントが付与されます。長期投資家には嬉しいサービスです。

ところが、超格安インデックスファンドが各社競うように出ており、その影響でSBI証券の投信マイレージサービスの対象外が拡大しています。
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
人気記事ランキング
ブログパーツ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: