ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

SBI証券のiDeCo(確定拠出年金)の手数料が完全無料化へ

SBI証券のiDeCo(確定拠出年金)の手数料が完全無料化されました。

SBI証券の投信マイレージがパワーアップ、低コスト投信も対象に!

ネット証券ではお馴染みの投資信託の保有額に応じて、キャッシュバックが受けられるサービスがあります。SBI証券では、投信マイレージというサービス名です。

投信マイレージでは信託報酬が約0.3%を下回るとキャッシュバックの対象外となっていましたが、2017年2月1日より、サービスが拡充され、キャッシュバックの対象となります。

SBI証券では現物と品受の手数料はどちらが安いか。

カブドットコム証券の手数料の値下げが発表されて、「業界屈指の格安手数料」を標榜するSBI証券の動向が気になります。今のところ、手数料値下げは発表されていませんが、そのうち対抗策が発表されることでしょう。

ひとまず、現在の手数料で現物と品受のどちらが安いかを比較してみました。カブドットコム証券の手数料比較の続編です。

カブドットコム証券の現物手数料が値下げへ。株主優待クロス取引への影響あり。

2015年11月4日より、カブドットコム証券の現物株式手数料の値下げが実施されます。

今まで現物の取引は、制度信用取引で買い建て、その日のうちに品受(現引き)するのが、一番手数料を安くする定石でしたが、今回の手数料変更で定石が変わります。

手数料比較をやってみました。

住信SBI銀行スマートプログラムが開始、最高ランクが取れそう。

SBI証券保有者には必須の住信SBI銀行で、2016年1月より「スマートプログラム(仮)」が開始されます。

私にはメリットが多いサービスになりそうです。

スマートプログラムは次のようなものです。

 ①ポイントサービスの導入
 ②ランク別の優遇策の導入

①ポイントサービスはSBIポイントではなく、独自のポイントサービスになるようです。1ポイント=1円で換金できるので、換金率は問題なしです。

ポイント付与のタイミングは、デビットカードの利用、今回導入されるランク別の最高ランクで付与される50ポイント/月、キャンペーン特典となります。最高ランクになれば、年間600円相当のポイントが得られるようなので、少額ではありますが、有難いですね。

では、最高ランクはどのようにしたら取得できるのか、⓶ランク別優遇策を見ていきましょう。
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: