ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

☆全プレ情報☆ 総額10000円

高額な現金や商品券の全員プレゼント型キャンペーン情報を紹介していきます。


■5000円の現金と1ヶ月間の手数料無料チケット(4月27日まで)

 外国為替証拠金取引の会社「セントラル短資」の口座開設と1万通貨以上の取引で全員にもれなくプレゼント!!

=>オンライン口座開設で5000円プレゼント


■現金5000円をキャッシュバック(5月31日まで)

 外国為替証拠金取引の会社「外為どっとコム」の口座開設と2万通貨以上の取引で全員にもれなくプレゼント!!

 =>「外為どっとコム」 オンライン口座開設


今後利用しなくても口座開設と条件を満たせば、ノーリスクで稼げるお金なので、確実に取っていきましょう。管理人は高額全プレキャンペーンを申し込み続けて、3万円以上をゲットしています。


H19.3.31追記

3月で終了するキャンペーンは削除しました。

外国為替証拠金取引の高額キャッシュバックキャンペーンはいつまで続くのか分かりませんが、今のうちがチャンスかなと思います。


↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
ブログランキング
現在の順位はこちらから確認できます>>


[PR]エッジのホームページ>>こちら

2007年3月の運用成績

【運用成績】

  +3.0%(前月比-0.1%


一時はマイナスまで落ち込んだ運用成績ですが、現在は先月と同じくらいまでに回復しています。さらに落ち込んだところで、ステートストリート外国株インデックスやTOPIX連動型投資信託(1306)の買い増しをしているので、今後に期待です。

 

また、海外ETF@楽天証券へ移行することも検討しており、日本株式と外国株式のほとんどは売却する予定にしています。金融商品の種類が減って、すっきりとしたポートフォリオになることでしょう。


 

【金融商品】

■日本株式

  ・個別株

  ・TOPIX連動型投資信託(1306)

  ・インデックスファンドTSP

  ・さわかみファンド


■日本債券

  ・変動金利型個人向け国債

  ・持家財形貯蓄


■外国株式

  ・中央三井外国株インデックス

  ・ステートストリート外国株インデックス

  ・中国個別株

  ・インド株ETF雨

  ・HSBC ブラジルオープン

  ・欧州新成長国株式ファンド晴れ

  ・フォルティス・トルコ株式オープン(通称:メルハバ)


■外国債券

  ・外国為替証拠金取引@スワップ派

  ・中国人民元-円連動社債(愛称:E*チャイナ2)


■IPO当選履歴

  ・ファーマライズ天使

  ・テラネッツドクロ 


 

【2007年の運用リターン】

 -20%以下:ドクロ

 -10%以下:雨

 +10%以上:晴れ

 +20%以上:天使



↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
ブログランキング
現在の順位はこちらから確認できます>>


[PR]エッジのホームページ>>こちら

楽天ポイント最大4倍キャンペーン

本日、 楽天市場 ではポイント2倍楽天カード で決済するとポイント3倍、さらにリボ払いでポイント4倍キャンペーンを実施中です。


条件としては、楽天カードの会員もしくは楽天カードを申し込み中の方となります。


この機会に図書カード等で楽天ポイントの現金化にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


 
図書カード<名画(フェルメール)10000>

【参考記事】

・「楽天スーパーポイントを現金化する方法

米有力シンクタンク「1ドル90円、6人民元」提唱

3月28日(水)の日経新聞夕刊に為替に関する記事が載っていました。


米有力シンクタンク「1ドル90円、6人民元」提唱
 為替政策に関する有力シンクタンクであるピーターソン国際経済研究所(バーグステン所長)は27日、世界経済の不均衡を解消するためにはドルの下落が必要との報告をまとめた。円で1ドル=90円、中国の人民元で1ドル=6元という水準を示し、現状よりも2割強のドル安を見込んでいる。米国の貯蓄の増加、日本を含む東アジア諸国の消費の拡大も促した。

 報告はベルギー、韓国のシンクタンクと共同で作成。4月にワシントンで開く7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議に向け、不均衡是正の論議を高めるのが狙いだ。ユーロの水準は1ユーロ=1.45―1.50ドルを掲げ、現状の1.33ドル前後よりも小幅のドル安が適当とみている。

      (NIKKEI NETより引用。太字&赤字はエッジで補正)


世間のFX系サイト・ブログの論調は長期的には円安になると予想するものが多かったことや実際にジリジリと円安に振れていたので、これほど大きな円高を主張する記事に釘付けになりました。


すぐに円高になるとは思えませんが、想定しておかなければならない水準として1ドル=90円は考えておかなければならないようです。


以前、FXにおける私の適正レバレッジを4.6倍と書きましたが、1ドル=95円を想定してのことです。当時、1ドル=90円の時のレバレッジも計算しています。大きな円高に備えて、流動資産を確保してこととします。


【参考記事】

・「FXの適正レバレッジについて


↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
ブログランキング
現在の順位はこちらから確認できます>>


[PR]エッジのホームページ>>こちら

株主優待タダ取りの教訓

直前の信用残情報では、逆日歩が付いてもたいしたことは無いだろうと思っていたワンダーテーブルが高額逆日歩が付きました。


優待内容はお食事券5000円分に対して、逆日歩が12000円(4日分)でした。大赤字です。


誤発注と合わせると、は~×3、と言った感じですが、まだプラスなので“良し”とします。


今回の株主優待タダ取りは、たくさん勉強代を払いましたが、良い教訓を与えてくれました。


■購入株式数は事前にメモ書きを用意して、当日はそれに沿って売買を行う。

■発行済み株式数が少ない銘柄は高額逆日歩が付きやすいので、一般信用以外では止めておく。

■信用売買を行うため、購入資金は余裕を持って準備する。


本当に当たり前のことばかりですが、今日初めて、血となり肉となった気がします。


毎月のように株主優待タダ取りはできますが、次のビッグイベントは9月になります。皆様も準備は怠らないようにしましょう!



↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
ブログランキング
現在の順位はこちらから確認できます>>


[PR]エッジのホームページ>>こちら

H19年3月株主優待タダ取り②

かなり前から準備をしていた株主優待タダ取りですが、H19年3月はカードローンで資金を借り入れて、次の銘柄のタダ取りを行いました。


 1.サンリオ

 2.オリエンタルランド

 3.大和証券

 4.ファンケル

 5.常盤興産

 6.ワンダーテーブル

 7.レオパレス21

 8.トプコン

 9.日神不動産


「レオパレス21」「トプコン」「日神不動産」は、資金があまっていたので急遽取得することにしました。


また、非常に迷いましたが、ハーバー研究所は高額逆日歩が付くことが懸念されるので、止めました。(株主優待は15000円相当なので、それでもお得ですが)


は~、そして、悲しいことに注文数量を誤って入力してしまい、若干の損失を出してしまいました。トータルではプラスですが、このようなミスがリターンを下げてしまうわけですね。。。次回はこのようなことが無いようにチェックシートでも作ろうと思います。


【参考記事】

・「H19年3月株主優待タダ取り①

・「良い借金、悪い借金


↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
ブログランキング
現在の順位はこちらから確認できます>>


[PR]エッジのホームページ>>こちら

本日は楽天ポイント2倍キャンペーンデイ!

楽天市場では、「楽天イーグルスまたはヴィッセル神戸が試合に勝った翌日は全ショップポイント2倍及びW勝利で全ショップポイント3倍」キャンペーンを実施中です。


3月25日、楽天イーグルスが勝利したので、本日26日は2倍ポイントデイです。


このキャンペーンは エントリーが必要なので、ご注意ください。


 

1000円切りの実践編

現在、シティクリアカード で、効率よく稼ぐために1000円切りを実践しています。


自分で試してみて意外に情報が少ないので、もう少し説明を加えた方が良いかなと思って、簡単なコメントを追加することにしました。ただし、自分で試したことの無い方法もあるので、一部はネットで調べた範囲になります。


具体的な方法としては次のような方法があります。

(1)ICOCA(Suika)のチャージ

(2)Amazonギフト券 の購入

(3)モバイラーズチェックの購入

(4)モバチェメールでチャージ

(5)スターバックスカードへのチャージ

(6)ちょコムへのチャージ

(7)セルフのガソリンスタンド

(8)JCBギフトカードの購入


各方法について、簡単なコメントを書いておきます。


(1)ICOCA(Suika)のチャージ

 JR西日本のみどりの窓口でチャージできます。関西ではICOCA、関東ではSuikaですね。SuikaはJR東日本ではビューカード以外のクレジットカードではチャージできないので、ご注意ください。


(2)Amazonギフト券 の購入(おすすめ

 アマゾンのホームページから購入可能です。窓口を通さず、パソコンで注文できるので便利です。


(3)モバイラーズチェックの購入

 ドコモショップで購入可能です。近所のドコモショップではカード決済できるか、分からなかったそうで購入まで3分ほど待たされました。


(4)モバチェメールでチャージ(おすすめ

  「iMenu」→「料金&お申込・設定」→「モバチェメール」→「自分に登録する」で利用可能です。最大5万円までチャージできますが、1ヶ月あたり3万円しかチャージできないので注意が必要です。携帯電話の操作だけで1000円切りできるので、ラクチンです。


(5)スターバックスカードへのチャージ

 「スターバックスカード」は店頭でクレジットカードでチャージ可能なカードです。


(6)ちょコムへのチャージ

 電子マネーの「ちょコム」です。


(7)セルフのガソリンスタンド

 1000円ごとの決済もセルフのガソリンスタンドなら気兼ねなく出来ますね。


(8)JCBギフトカードの購入

 JCBサービスデスクで購入可能です。ただし、この方法はJCBカード限定になります。


やはり、対面ではない「アマゾンギフトカード」と「モバチェメール」がサインレスで気兼ねなく1000円切りできるので、特におすすめです。これで軽く1万円はゲットできます♪


【参考記事】

・「1000円切りとは



↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
ブログランキング
現在の順位はこちらから確認できます>>


[PR]エッジのホームページ>>こちら

IPOの当選確率を上げるためには②

最近、順位が低迷しているので、ランキングの応援クリックをお願いします!
ブログランキング

大和証券でIPOの当選確率を上げる裏技を見つけました。


大和証券では、取引手数料に対してダイワポイントと呼ばれるポイントサービスがあります。(1000円あたり10ポイントバック)そして、ダイワポイントを貯めることにより、全割当数の5%の当選確率が上がるような仕組みになっています。(詳細はこちら

「交換ポイント」残高
(原則お申込日前営業日の残高)
チャンス回数
6,000ポイント以上 チャンス5回
4,000ポイント以上6,000ポイント未満チャンス4回
2,000ポイント以上4,000ポイント未満チャンス3回
1,000ポイント以上2,000ポイント未満チャンス2回
0ポイント以上1,000ポイント未満チャンス1回


しかし、ポイントを1000ポイント貯めようとしたら、10万円分もの手数料が必要です。これでは、チャンス回数を増やしていくのは現実的ではありません。そこで利用していただきたいのが、株主優待タダ取りです。


大和証券では、1000株以上保有している株主に対して、2000ポイントを付与する株主優待を実施しています。(5000株以上で5000ポイント)これを株主優待タダ取りするわけです。


ちなみに、岩井証券では一般信用取引で、大和証券の信用売りが可能なため、逆日歩なしで取引可能です。


【参考記事】

・「IPOの当選確率を上げるためには①


↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
ブログランキング
現在の順位はこちらから確認できます>>


[PR]エッジのホームページ>>こちら

公取委、新生銀に排除命令へ・広告で不当表示

まずはじめにお断りしておきたいのですが、新生銀行は月5回振込手数料無料など魅力的なサービスがあるため、おすすめの銀行の一つです。しかし、不明確で誤解を招くような外貨預金の商品がたくさんあり、以前から気になっていました。


そして、ついに公正取引委員会が新生銀行に排除勧告を出したとのニュースが入ってきました。

 新生銀行が金融商品のチラシ広告で、実態よりも有利に見せかける表示をしたのは景品表示法違反に当たる恐れがあるとして、公正取引委員会は24日、来週中にも同行へ排除命令を出す方針を固めた。公取委が同法違反で銀行に排除命令を出すのは初めて。

 関係者によると、金融商品はデリバティブ(金融派生商品)の一つで、為替の動向で元本を円やドルで受け取る「パワード定期プラス」という定期預金。昨年8月から10月にかけて使用していたチラシが不当表示に当たるとみられている。

 預入時に基準となる為替レートが予約され、満期時に基準レートより円安だと元本を円のままで受け取る。円高だと基準レートでドルに両替される仕組みで、円高が進むと為替差損が広がり、円換算すると元本割れする恐れがある。

(NIKKEI NETより引用。ただし、太字は私が編集しています。)


投資の原則は自己責任です。それゆえに、金融商品の内容を理解できないものには決して投資するべきではありません。


今回は、高いリターンが得られるような記載をしたということで新生銀行に排除勧告が出されることになりました。良い情報だけを提供することにより、ミスリードする人もいたことでしょう。一定の歯止めをかける意味で公正取引委員会は良い判断をしたと思います。


でも、カモにされないためには、批判的に金融商品を見ることだと思います。そうすれば、高コストの外貨預金に投資するという発想にはならないと思います。


あと、公正取引委員会にお願いしたいのは、「外貨預金の特別金利キャンペーン」の種類について、もっと厳しく取り締まっていただきたい。


↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
ブログランキング
現在の順位はこちらから確認できます>>


[PR]エッジのホームページ>>こちら

H19年3月の株主優待タダ取り①

3月は株主優待を出す企業が一番多い月です。前回、ソフマップの株主優待タダ取りを行いましたが、今月は次の銘柄を考えています。


 1.サンリオ@岩井証券

 2.オリエンタルランド@カブドットコム証券

 3.大和証券@岩井証券

 (4.全日本空輸(ANA)@カブドットコム証券)


全日空については、逆日歩が掛かることと換金率が大幅に悪くなっているため、現在検討中です。おそらく止めることになると思います。


他にもファンケルやパトライトなど注目しているものがあるため、もう少し時間をかけて検討してみます。妻のためにも何かグルメ系のものを一つタダ取りしておきたいと思いますニコニコ


07.03.24追加

さらに追加で次のものをタダ取りすることにしました。

 4.ファンケル@大和証券

 5.常盤興業

 6.ハーバー研究所

 7.ワンダーテーブル


全日空は、ほぼ確実に高額逆日歩になりますので、取りやめです。

また、グルメも妻曰く「特に必要ないよ」とのことダウン


↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
ブログランキング
現在の順位はこちらから確認できます>>


[PR]エッジのホームページ>>こちら

IPOの当選確率を上げるためには①

IPOの当選率を上げるためには、いくつかの方法があります。


 ■主幹事から申し込む

  →主幹事は70~80%の割当を持っています。

 ■平等抽選を行っているネット証券から申し込む

  →店頭系証券会社は割当の約80%を裁量に回します。


このあたりが王道といえる方法です。ただし、これだけだと全て申し込んだとしても年間数本の当選すれば良いほうでしょう。


IPO系ブログを見ていると当選確率の高い人は次のうちどちらかを実践されている方です。


 ■特定の証券会社の取引が多く行い、裁量割当狙い

  →店頭系証券会社は割当の約80%を裁量に回すため、お取引の多いお客さまに便宜を計らいます。

 ■家族口座等を利用して、複数の申込を行う

  →単純に当選確率が増えます。


私の場合は、デイトレーダーではありませんので、取引回数があまりにも少なく、裁量割当など狙うことは出来ません。また、家族に複数の口座を作らせることになるので、家族口座までは今のところ考えていません。


しかし、何とか当選確率を上げたいと思っていたところ、大和証券で当選確率を上げる方法を見つけました。


【参考記事】

・「IPOの当選確率を上げるためには②


↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
ブログランキング
現在の順位はこちらから確認できます>>


[PR]エッジのホームページ>>こちら

良い借金、悪い借金

株主優待タダ取りでは、1週間程度と短期であれ、かなり大きな資金が必要となります。例えば、今年の3月のタダ取りでは、銘柄次第ですが1000万円強のお金が必要です。


流動資産だけでは到底まかなえないため、足りない分は、超低利の証券担保ローン(>>参照記事 )&銀行系ローン等を使って低利で調達します。


お金を借りて投資をするのは、昔では考えられなかったことですが、株主優待タダ取りに限っては低リスクなので、私の中では許容しています。 利息の支払いとリターンとを比較して、リターンが大きかれば借金をしても良いという単純な判断です。


ただし、借り入れ履歴がデータベースに登録されてしまうので、住宅ローンを組む方は注意が必要です。ただし、返済情報は比較的短い間(数年?)で情報が削除されるといわれています。よって、私は当面の間は賃貸派のため、データベースに登録されることはは気にしていません。


また、子供が奨学金を無利子で借りることができるのであれば、絶対に借りることにするでしょう。ファイナンス面から見ても良い借金だと言えます。


借金を悪いことと決め付けるのではなく、利益を得るための手段として、冷静に判断するべきでしょう。


■インターネットで借入・返済

■低金利(現在3.925%/年、4月1日以降4.175%/年)

■借入データベースへの登録なし

と文句なしの証券担保ローン「コムストック」はこちら


【参考記事】

 ・個人投資家でもできる円キャリートレード


↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
ブログランキング
現在の順位はこちらから確認できます>>


[PR]エッジのホームページ>>こちら


☆シティクリアカードでビックキャンペーン情報☆

シティクリアカード で、1000円以上のお買い物10回ごとに1000円をキャッシュバックするキャンペーンを4月15日まで実施中です。1000円単位の買い物をしていけば、還元率10%です。


3月15日4月15日までにエントリーをすれば良いため、今からでも間に合います。私は早急に申し込みを行うこととしました。


エントリー後は、「ドコモの携帯電話を使用してモバイラーズチェックを登録する方法」や「ICOCAカード(関東ではSUICAですか)のチャージ」を1000円単位で行い、稼ぎまくる予定です!


【シティクリアカードの基本スペック】

 ★年会費=永久無料=0円
 ★国内・海外旅行傷害保険つき:最高1,000万円まで補償
 ★ショッピング年間ご利用額に応じてキャッシュバック
 ★ショッピングはフレックス払い(リボルビング方式)

 ★銀行口座がなくてもお申し込みOK。お支払いはコンビニでOK


  


2007年2月28日追記

昨日の夜に申し込みをしたところ、審査が通ったという連絡が今日入っていました。10分審査というのは本当のようです。

 

2007年3月3日追記

カードと申込書が届きました。身分証明書と申込書を返信し、暗証番号が送られてきたら、カード発行完了です。早く届かないかな~。


2007年3月15日追記

エントリーの期限が3月15日から4月15日に延長になっていました。カード発行まで約1週間程度なので、今からでも十分間に合います。


2007年3月22日追記

1000円切りを実践中です。最終的には1万円から2万円程度は稼げそうです。また、キャンペーンはエントリーが必要ですが、暗証番号のハガキが届かなくても、電話でエントリー可能です。即実践しましょう!


イーバンクでPRUマーケットパフォーマー発売

ネット銀行の最大手「 イーバンク 」で、PRUマーケットパフォーマーをノーロードで3月22日から発売するそうです。


RSSリーダに登録しているNight Walker's Investment Blog さんやホンネの資産運用セミナー さんの記事で紹介されていました。


  • PRU国内株式マーケット・パフォーマー
  • PRU国内債券マーケット・パフォーマー
  • PRU海外株式マーケット・パフォーマー
  • PRU海外債券マーケット・パフォーマー

  • 外国債券のインデックス型投資信託の選択肢は少なかったので、PRU海外債券マーケットパフォーマーの取扱いが増えることは良いことです。


    最近、銀行や証券会社が競い合って、日本の投資環境が整備されてきていると実感しています。あとは、世界REITや債券に連動するETFの発売が待たれるところです。


    いつもお世話になっている敗者と勝者のゲーム さんのブログで、マネックスユニバーシティ社長の内藤忍氏への直撃インタビューが掲載されています。内藤忍氏ほどの方の本音が聞ける貴重な記事です。


    この記事を読んで、イートレード証券、楽天証券に続いて、マネックス証券にも要望を出すことにしました。「世界REITと外国債券のETFを出してくれ!」と。



    ↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
    ブログランキング
    現在の順位はこちらから確認できます>>


    [PR]エッジのホームページ>>こちら

    銀座ホステス 浅川夏樹の増やせ!かわいいお金「レッスン128 有効な分散投資」

    FujiSankei Bussiness i.に浅川夏樹先生の記事が連載されています。毎週楽しみな連載の一つです。


    浅川さんは銀座ホステス出身という異色の経歴をお持ちの方ですが、今では経営者となっています。「オフショア」や「タックスヘイブン」という言葉を広く一般に知らしめたのは、浅川さんの力も大きいのではないでしょうか。(やっぱり、AIC「海外投資を楽しむ会」が一番だと思いますが)


    今週の「銀座ホステス 浅川夏樹の増やせ!かわいいお金」は「レッスン128 有効な分散投資 」と題して、近年変わりつつある分散投資の方法について述べられています。


    「『ヘッジファンド』や『コモディティ』は、株式とは違う値動きをするので分散効果が高い」というのが定説ですが、それを覆すようなデータが述べられています。では、有効な分散投資とは、現状では米国債しかないと結論付けられています。しかし、米国の覇権が続くことが保障されているわけではありません。詳しくは記事をご覧ください。>>こちら


    また、世界3大投資家の一人ジム・ロジャーズ氏は、米ドル資産をほとんど持っておらず、他の外貨にシフトしていると聞いたことがあります。アメリカの好景気はそれほど長く続かないと考えているそうです。


    私は世界ポートフォリオを大きく崩すポジションは取るつもりはありません。ただ、米国だけではなく、“国際分散投資”を行うことにより、リスクの集中を回避するつもりです。


    浅川夏樹先生は東京ではセミナーで講演される機会があります。大阪にこられた時はぜひお話を聴きに行きたいと思います。


    それでは、素敵な休日を。




    ↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
    ブログランキング
    現在の順位はこちらから確認できます>>


    [PR]エッジのホームページ>>こちら

    マイクロソフトオフィスに酷似した中国産ソフト「キングソフトオフィス」

    会社のパソコンに必ず入っているといっても過言ではないマイクロソフト社製オフィスですが、お値段をご存知でしょうか?


    Word、Excel、PowerPointが入ったProfessional Editionで、¥ 58,250です。(H19.3.18アマゾン調査)私はPowerPointをあきらめて、Standard Editionを使っています。それでも、¥ 47,750です(>_<)


    個人で買うには、マイクロソフトオフィスはため息が出るほどに高いソフトウェアですが、業界標準となった今では、社会人には必須のソフトウェアになっています。昔は一太郎とロータスとシェア争いをしていたので、値段もそれなりに安かったと思います。


    マイクロソフトの覇権を脅かすソフトウェアが現れました。中国の大手ソフトウェアメーカーが操作性・機能をコピーして作った「キングソフトオフィス2007」です。


    キングソフト社は3年をかけて開発し、今年の2月に日本語版がリリースされました。互換性が非常に高く、マイクロソフトオフィスで作成したファイルもレイアウトが崩れることなく表示できるとのこと。さらに、PDFファイルへの出力などオリジナル機能もつけているそうです。


    そして、お値段の方は4980円と十分の一以下です。


    3ヶ月無料お試しキャンペーンをやっているので、私も試していますが見た目はそっくりで、違和感無く使うことが出来ます。WordとExcelは持っていますが、PowerPoint用に買ってもいいかなと思案しています。


    ただ、これは著作権などの権利関係は大丈夫なのか、不安になります。専門家ではないので分かりませんが、市販されているのだから、その当たりはクリアーされていると判断しています。


    皆様も中国のソフトウェア開発力に驚いてください。


    キングソフトオフィス2007

    =>http://www.kingsoft.jp/office/



    ↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
    ブログランキング
    現在の順位はこちらから確認できます>>


    [PR]エッジのホームページ>>こちら

    楽天ブックスでポイント5倍キャンペーン中

    楽天ブックスで「怒涛の7日間 本・CD購入でポイント5倍プレゼント 」と題して、ポイントバックキャンペーンを実施中です。


    アマゾンがポイントサービスを開始し、楽天ブックスも対抗して、何らかのキャンペーンを打ってくると予想していましたが、7日間という長期間で、しかも5倍ポイントバックなので、かなりの大盤振る舞いです。


    なお、対象になるためにはエントリーが必要なので、ご注意ください。>>こちら


    ↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
    ブログランキング
    現在の順位はこちらから確認できます>>


    [PR]エッジのホームページ>>こちら

    海外旅行と投資について

    大学生のころ、私はリュックを一つ持って、世界中を放浪旅をするバックパッカーでした。社会人になっても年に2,3回は海外旅行に出かける少し変わった(?)サラリーマンです。


    海外旅行と言ってもヨーロッパやアメリカではなく、とろけるような笑顔で迎えてくれるアジアが大好きだったので、自然と新興国(エマージング諸国)と呼ばれる地域を放浪していました。


    海外ETF「EEM」の国では、韓国、インド、インドネシア、タイに行ったことがあり、その他ではVISTAに入っているベトナム、N-11のバングラディッシュにも行ったことがあります。


    当時から韓国とタイは想像以上に発展していて、日本にいるのと不自由ない生活ができる新興国でした。(韓国が新興国に分類されているのは北朝鮮リスクのせいですが。。。)


    ベトナムは雑誌に書かれてあるとおり、勤勉で手先の器用な国民柄は、私も同感です。そして、当時のバックパッカーの間語り継がれていた話で、世界3大商人の話というのがあって、中国・インド・ベトナムの国民は非常に押しが強くて粘り強く交渉してくるので、商人に向いていると言われていました。ベトナム人は現地の人の2倍も3倍もの価格で、吹っかけられるので交渉が大変でした。レストランのメニューまで、ローカル人用と外国人用が作られているくらいです。


    インドやバングラディッシュでは道で行き倒れになった人も見かけましたし、片足の物乞いに掴みかかられて困惑した経験もあります。しかし、そのような貧困の中にも確かに活気あふれる雰囲気があり、私は旅行のたびにエネルギーをもらっています。


    新興国の旅行は先進国には無いスリルと興奮があります。いつか投資をしていながら言ったことのない国を旅行したいと思います。



    ↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
    ブログランキング
    現在の順位はこちらから確認できます>>


    [PR]エッジのホームページ>>こちら


    リレー投資に向いている投資信託

    リレー投資に向いている投資信託の条件は、「中期的な期間で支払われるコストが一番安いもの」となります。


    つまり、数年以上の長期で見た場合、信託報酬が一番安い投資信託=一番良い投資信託となりますが、リレー投資では最終的にはETFにスイッチするわけですから、「購入手数料」や「信託財産留保額」にも着目して、投資信託を選ぶ必要があります。


    では、外国株式でリレー投資する場合に適したファンドを調べてみました。すると次の2つが有力になります。(購入手数料は証券会社によって異なるため、一番安い証券会社を採用しました)


    1.ステートストリート外国株式インデックスファンドカブドットコム証券

     購入手数料 0%信託報酬 0.9975%信託財産留保額 0.3% 


    2.トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド(マネックス証券

     購入手数料 0%信託報酬 1.3%信託財産留保額 0%



    ステートストリートの信託財産留保額は0%であれば、文句なく、リレー投資はステートストリートが適していると判断できたのですが、信託財産留保額を取るため、単純な選択は出来ず、最適な投資信託はリレー投資の周期と関係することになります。


    ステートストリート&バンガード

    上のグラフは2つのファンドを縦軸に支払いコスト、横軸に経過月数として、プロットしたものです。12ヶ月のところで二つのグラフが交差することが分かります。つまり、リレー投資の周期が12ヶ月以上では「ステートストリート外国株式インデックスファンド」が有利で、12ヶ月未満では「トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド」が有利という結論になります。


    例を挙げると

    ファンドを月々5万円積み立てて、120万円で海外ETFへスイッチするケースでは、120/5=24ヶ月周期となるため、「ステートストリート外国株式インデックスファンド」が有利となります。


    一方、

    ファンドを月々10万円積み立てて、100万円で海外ETFへスイッチするケースでは、100/10=10ヶ月周期となるため、「トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド」が有利となります。


    実際は海外ETFの手数料が高いことにより(参考)、周期が長くならざるを得ないため、ステートストリートが有利と思います。


    ステートストリート外国株式インデックスファンドはカブドットコム証券でノーロード&積立可能ファンドです。



    トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドはマネックス証券でノーロード&積立可能ファンドです。

     


    ↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
    ブログランキング
    現在の順位はこちらから確認できます>>


    [PR]エッジのホームページ>>こちら

    1.3億円損ができる資産運用

    ライブドア株を信用買いし、1.3億円を損した人が居るらしいです。


    個人でライブドアの虚飾を見破ることは困難だとは思いますが、1.3億円もの損失を出すような資産運用をしていること自体は問題だと思います。信用取引はリスクの高い取引だということを本人は認識していたはずです。


    レバレッジを掛けて、信用取引の手数料を払って、継続的に利益を上げるのは難しいことです。我々、個人投資家は金融商品に潜むリスクを正確に判断しながら、長期的な視野で資産運用に取り組む必要があります。


    もしライブドア株で損をした人であれば、それを教訓にしましょう。かく言う私も勉強不足のため、信用取引で数十万円程度の損失を出したことがあります。高い授業料でしたが、リスク管理を学ぶことが出来たと思っています。


    信用取引が効率が良い資産運用となりうるのは、現状では「株主優待タダ取り」だけかもしれませんが、これはまた次の機会に書きます。



    ↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
    ブログランキング
    現在の順位はこちらから確認できます>>


    [PR]エッジのホームページ>>こちら



    【参考】

    ライブドア株信用買いで1.3億損した男 判決を喜ぶ
     ライブドア元社長の堀江貴文被告(34)が東京地裁から2年6ヶ月の実刑判決を受けたが、昨年のライブドアショックの時に大損をしたとされる人物はどう思ったか.......... ≪続きを読む≫


    「ライフカード」の1万円切り

    前回、「ライフカード 」の紹介をしました。


    リボ・分割ポイント」の部分を再掲します。

    1回のご利用金額が1万円以上で、『リボ払い』もしくは『3回以上の分割払い』にされた場合、+20ポイント


    ピンとこられた方は勘が鋭いです。1万円ちょうどで決済していく「1万円切り」を行えば、効率良くポイントを貯めることが出来ます。


    ただし、「リボ払い」や「分割払い」は金利手数料が掛かってしまいます。(残高スライド元利定額方式でH19.3.15現在年率15%)金利手数料を払っていては、リボ・分割ポイントのメリットがなくなってしまいます。


    ライフカードのリボ払いについて読んでいると次のように書かれてあります。

    「ライフカードのご利用代金は、毎月5日に締切り、当月27日または翌月3日のお支払い(口座引き落し)となります。」

    毎月10日までにお申込みいただくと当月分のお支払いからリボルビング払いに変更されます。」


    ややこしいですが、素直に読めば、「6日~10日にリボ払いに変更して、ライフATM等で繰り上げ返済すれば、金利手数料が掛からない」ことになります。


    また、この方法を用いることにより、リボ・分割ポイントも加算されることが確認されています。1万円切りを実行することにより、通常月で2%、誕生日月で4.67%になります。


    若干手間が掛かるため、1万円切りをするのは誕生日月にすることにします。読者の方で誕生日月が迫っている方は、試してみてはいかがでしょうか。


    【参考記事】

    ・「1万円切り

    ・「ライフカードは誕生月を狙え


    ↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
    ブログランキング
    現在の順位はこちらから確認できます>>


    [PR]エッジのホームページ>>こちら

    海外ETFとリレー投資

    楽天証券で海外ETFの拡充が行われ、投資系ブログではお祭り騒ぎです。(私も嬉しいですニコニコ


    ただ、手数料が無視できないほど高いという問題が指摘されています。


    【参考:楽天証券で米国ETF購入手数料】

    1,000株までは31.5米ドル、1,000株超の場合、1株につき2.1米セント

    「iShares S&P 500 Index Fund」が1株140ドル程度なので、1000株と言うと140,000ドル≒1,638万円!?


    つまり、1,638万円まで手数料は定額で4,000円程度となります。


    こまめに買っていくのではなく、できるだけドカッと購入した方が得なことが分かります。


    そんな時に利用したいのがリレー投資です。幸せなお金持ち的日記でも以前日本株のインデックス投資を対象に紹介しましたが、外国株にも応用できるので、もしリレー投資をご存じなければご一読ください。>>こちら



    ↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
    ブログランキング
    現在の順位はこちらから確認できます>>


    [PR]エッジのホームページ>>こちら

    「ライフカード」は誕生日月を狙え!

    ライフカード 」は株式会社ライフの発行するクレジットカードです。


    年会費無料のクレジットカードで、通常時でも高いポイント還元率ですが、誕生日月のポイントが5倍になるという圧倒的なボーナスポイントが特徴です。


    750ポイント=5000円の商品券となるため、1ポイントは約6.7円で換算できます。


    ポイントの加算システムは次のようになっています。

    基本ポイント利用金額合計1000円につき1ポイント
    お誕生日月ポイント基本ポイントの5倍
    リボ・分割ポイント1回のご利用金額が1万円以上で、
    「リボ払い」もしくは「3回以上の分割払い」にされた場合


    また、ご利用金額によって、ボーナスポイントが加算されます。

    10万円以上で+ 50point
    30万円以上で+100point
    50万円以上で+100point
    100万円以上で+200point


    ライフカードの特徴は、なんといっても誕生日月のポイントが5倍になる点です。通常月がポイント還元率は0.67%ですが、誕生日月は3.33%にもなります。これほど高還元率になるカードは他にはありません。


    ただし、当然ですが誕生日月に限られます。よって、私は誕生日月にまとめて、Edyチャージをすることにしています。最大5枚までチャージできて、1枚当たり5万円までなので、合計25万円です。


    チャージしたEdyの使い道は、以前紹介しましたが、楽天カードの支払いをコンビニ払いにして、サークルKサンクスかam/pmでEdy払いします。


    ライフカードはクレジットカードのポイントゲッターにとって必須の1枚です。メインとしてもサブとしても活用してください。


    【参考記事】

    ・「『ライフカード』の1万円切り

    ・「1万円切り


    ↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
    ブログランキング
    現在の順位はこちらから確認できます>>


    [PR]エッジのホームページ>>こちら

    1万円切り

    以前、「1000円切り (千円切り)」という手法を紹介しました。


    クレジットカードで「1000円以上で○○ポイント」であれば、ちょうど1000円で決済していけば一番効率が良くなります。


    同様の手法で、「1万円切り」というものもあります。名前から想像できると思いますが、「1万円以上で○○ポイント」というクレジットカードに用いる手法です。


    具体的な方法は、1000円切りと変わりありません。

     ■ICOCA(Suica)のチャージ

     ■Amazonギフト券 購入

     ■ドコモショップでモバイラーズチェックの購入

     ■モバチェメールを利用してチャージ(追加)

     ■スターバックスカードへのチャージ(追加)

     ■オレンジカードの購入(追加)

     ■ちょコムへのチャージ(追加)

     ■セルフのガソリンスタンド(追加)

     ■JCBギフトカード(追加)


    現在、1万円切りの対象となるクレジットカードは「ライフカード 」です。次回はライフカードを用いた1万円切りの方法を紹介します。


    【関連記事】

    ・「1000円切りとは



    ↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
    ブログランキング
    現在の順位はこちらから確認できます>>


    [PR]エッジのホームページ>>こちら

    「ネットで稼ぐ人のための日本一わかりやすい確定申告!」

    確定申告の期間がもうすぐ終了します。当ブログも「確定申告」をキーワードで検索されることが多いようです。


    私も生まれて初めて確定申告をしましたが、それほど苦労することなく終えることが出来たのは、ネットで収集した情報の他に書籍からの情報収集による部分が強いと思います。


    何冊か本を読んだか中で一番役に立ったのは、「ネットで稼ぐ人のための日本一わかりやすい確定申告の本」です。


    主ターゲット層はアフィリエイトで生計を立てる人ですが、ネット副業や資産運用をしている人でも役に立つ情報がたくさん盛り込まれています。

    ネットで稼ぐ人のための日本一わかりやすい確定申告!/今瀬 ヤスオ
    ¥1,500
    Amazon.co.jp


    特に役に立つのは、「経費」についての情報です。税務署によって判断が分かれる部分であっても、何が経費として認められるのかを知りたいと思うのは当然のことです。考え方の基本が分かっていないと、本来経費として認められる権利を放棄することになりかねません。


    あなたが買ったパソコンは経費として控除できたのではありませんか?
    セミナーに行くときに使った交通費が経費計上できることは知っていましたか?
    振込手数料は経費になるのはご存知ですか?


    このような考え方の基本を身に着けておくのは早ければ早いほど有利です。今年は既に確定申告が終わってしまった方も来年に向けて準備を始めましょう!



    ↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
    ブログランキング
    現在の順位はこちらから確認できます>>


    [PR]エッジのホームページ>>こちら


    週刊ダイヤモンド「チャンスとリスクを総点検!新興国投資」

    3/17号週刊ダイヤモンドの特集は「チャンスとリスクを総点検!新興国投資」でした。


    取り扱っている国が

    中国・インド・ロシア・ブラジル・ベトナム・トルコ・韓国・タイ・フィリピン・ポーランド・南アフリカ・メキシコ・アルゼンチン・・・

    とありとあらゆる新興国を集めた感があります。


    一つ一つを掘り下げて解説していないので、総花的になっていますが、普段知ることの出来ないような国の投資環境が分かって、勉強になりました。


    特に心象的だったのが、ベトナムについて比較的多くのページを割いている点です。読んだ感想は、ベトナム市場は株券の争奪戦が起きるほどの相場の過熱感が頂点に達しており、「小さな池に投資マネーが流入を続け、まさに溢れんばかりになっている」状態にあるため、絶対に投資しない方が良いと感じさせるものです。「ガイアの夜明けでのマーク・モビアス氏の発言 」とラップするものでした。


    その他の新興国もそれぞれ問題を抱えているが、中国とインドは比較的好印象な書き方をされていました。


    新興国であっても一つの国に投資するのではなく、分散投資を行うべきです。やはり、楽天証券の新興国投資ETF「iShares MSCI Emerging Markets Index Fund」(EEM)はうってつけの金融商品だと思います。


    最後に、EMMと今回の特集記事で扱っていた国を表にしてみました。(表中のピンク色が該当国です)

     EEM
    韓国16.09%
    ロシア10.65%
    台湾10.41%
    中国10.33%
    南アフリカ9.85%
    ブラジル8.56%
    メキシコ7.29%
    インド5.21%
    イスラエル3.85%
    インドネシア2.59%
    タイ2.50%
    チェコ2.11%
    ハンガリー2.02%
    チリ1.88%
    フィリピン1.42%
    トルコ1.06%
    アルゼンチン1.05%
    ペルー0.34%
    エジプト0.29%


    面白いことに、非常にリスキーだと感じたベトナムが投資国に入っていません。EEMへの投資は積極的に検討したいと思います。


    H18.3.14追記

    当ブログから相互リンクを貼っている「敗者と勝者のゲーム 」様の記事でもダイヤモンドの特集を扱っています。新興国投資に興味のある方は合わせて読んでいただいた方がより理解が深まると思います。>>記事


    ↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
    ブログランキング
    現在の順位はこちらから確認できます>>


    [PR]エッジのホームページ>>こちら

    Yahoo!ショッピング 会員限定10倍ポイントキャンペーン

    3月14日(水)時間限定となりますが、Yahoo!ショッピングの全ストアでポイントが10倍になるキャンペーンを実施予定です。(詳細情報


    オンラインストアでは楽天に差をつけられている印象を受けるYahoo!ショッピングですが、2度目となる10倍ポイントキャンペーンを実施して、巻き返しを図っているのでしょうか。


    何はともあれ、破格のポイント還元キャンペーンなのでこの機会にどうぞ。



    ↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
    ブログランキング
    現在の順位はこちらから確認できます>>


    [PR]エッジのホームページ>>こちら

    Yen SPA 07春号は面白い

    梅屋敷商店街のランダムウォーカー 」の水瀬氏が登場していると聞いて、遅ればせながら、Yen SPA'07春号を買ってきて読みました。


    ちょっと煽り過ぎじゃないの、と思うところもありましたが、まじめに投資のことが書かれてあり、面白かったです。広く浅く話題を取り入れていますが、きっちりと取材をされていて、情報確度も高いのではないでしょうか。


    特におすすめしたい記事は、「ツウも唸る『知られざるETF投資』の全貌」「『はやぶさ流投資術』徹底解剖」「得・儲・稼『裏ワザ蓄財術』大集合」の3つです。(ネーミングも素晴らしい)


    ツウも唸る『知られざるETF投資』の全貌」は、水瀬氏が登場する記事で、残念ながら楽天証券の発売する海外ETFの情報が間に合っていないので、情報が古いと感じます。しかし、“考え方”の部分は参考になります。


    『はやぶさ流投資術』徹底解剖」は、題名だけからは想像できませんが、FXのスワップ派の記事です。FXはレバレッジを掛けて運用することが多いため、一瞬にして大きな損失を出す危険性があります。いかにリスクを回避するのか、徹底した分析が参考になりました。ちなみに、私も為替トレーディングによる利益を追求するのではなく、スワップ金利で儲ける作戦「スワップ派」です。


    得・儲・稼『裏ワザ蓄財術』大集合」は、私のホームページ で扱っているネット副業の話と節約術の話が書かれており、一見投資とは関係ありませんが、広い意味での資産運用を扱うという点では編集方針に同意です。


    正直なところ、意外に面白くて(編集部さん、すいません)、一気に読んでしまいました。今後は定期的にチェックしていきたいと思います。


    ↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
    ブログランキング
    現在の順位はこちらから確認できます>>


    [PR]エッジのホームページ>>こちら

    オリコカード「UPty」の還元率は最高クラス

    オリコカード『UPty』 は、株式会社オリエントコーポレーションが発行するクレジットカードです。


    年会費無料のリボ払い専用カードで、Edyカードチャージ対応・高還元率・手厚い海外旅行保険などの特徴があります。


    オリコカードのポイントサービス「暮らスマイル」では、ポイントのことを「スマイル」と呼びます。1スマイル=5円の価値があります。


    スマイルの貯め方は次のようになっています。

    ご利用金額スマイル利用金額合計1000円につき1スマイル
    アプティスマイル利用金額合計1000円につき1スマイル
    ご利用件数スマイル1000円以上の利用1件につき1スマイル


    さらに、年間の利用金額に応じてボーナスが付与される「クラスステージスマイル」があります。

    1年間のご利用金額累計プラスされるクラステージスマイル
    10万円「ご利用金額スマイル」の20%分のスマイル
    30万円「ご利用金額スマイル」の50%分のスマイル
    60万円「ご利用金額スマイル」の100%分のスマイル
    120万円「ご利用金額スマイル」の150%分のスマイル


    様々なボーナスが加算されますが、「ご利用金額スマイル」と「アプティスマイル」だけで、還元率1%となります。さらに年間120万円以上の支払いがあれば1.75%、年間60万円の支払いでも1.5%の高還元率です。


    もうひとつ注目していただきたいのが、「ご利用件数スマイル」です。「1000円切り」を行うことにより、還元率を高めることができます。もっとも効率的に実施できた場合で、0.5%の効果があります。つまり、理論上は2.25%の還元率となります。


    もちろん1000円切り出来ない場合がほとんどだと思いますが、1枚のクレジットカードで実現できる最高クラスの還元率といえます。


    ↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
    ブログランキング
    現在の順位はこちらから確認できます>>


    [PR]エッジのホームページ>>こちら

    プロフィール

    エッジ@幸せなお金持ち的日記

    Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

    メディア掲載履歴
    ◇日経マネー2007年8月号
    ◇日経マネー2008年2月号
    ◇日経マネー2008年8月号
    ◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
    ◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
    ◇日経マネー2010年9月号
    ◇月刊ネットマネー2010年10月号
    ◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
    ◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
    ◇日経マネー2013年3月
    ◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー(月別)
    02 ≪│2007/03│≫ 04
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    最新コメント
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示

    アクセスカウンター
    ブログ内検索

    ネットショップ
    アクセスランキング
    リンク
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: