ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

2008年6月の運用成績

【運用成績(税引き前)】

 ■過去1ヶ月  -4.0%

 ■過去3ヶ月    4.0%

 ■年初来   -14.2%


海外株式のアセットクラスが悲惨な状態になっています。

投資を始めた時は急落があると動揺したものですが、今はけっこう冷静です。むしろバーゲンセール状態なので、買い増す余力があったことに安心しているくらいです。


【金融商品】

■日本株式

  ・個別株

  ・TOPIX連動型投資信託(1306)

  ・STAM TOPIXインデックス・オープン新規


■日本債券

  ・変動金利型個人向け国債

  ・持家財形貯蓄


■外国株式

  ・中央三井外国株インデックス雨

  ・中国個別株ドクロ

  ・海外ETF(EEM雨、EFA雨、IVV雨、DVY雨

  ・シュローダーMENAファンド雨

  ・STAM グローバル株式インデックス・オープン新規


■外国債券

  ・中国人民元-円連動社債(愛称:E*チャイナ2)

  ・STAMグローバル債券インデックス・オープン


■その他

  ・STAM グローバルREITインデックス・オープン

  ・STAM J-REITインデックス・オープン


【2008年の運用リターン】

 -20%以下:ドクロ

 -10%以下:雨

 +10%以上:晴れ

 +20%以上:天使


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

ママチャリをやめて、クロスバイクに乗ろう ①

たまに自転車ネタをやっていきます。投資と関係ないので、興味の無い方は飛ばしてください。


エッジは自動車を持っていません。近場はママチャリ、遠出は電車等で出かけます。この原油高なら、車に乗らないという選択肢は、節約術としては効果的です。(年間60万円の節約?)


自転車はエコな乗り物だと思いますが、やっぱりママチャリでは遠出はキツイです。そこで、クロスバイクの購入計画を思いついた次第です。


クロスバイクを言葉で説明するが難しいので、写真でも見てください。


クロスバイク

タイヤが細くて、ギアチェンジが可能、ママチャリより軽量、サスペンションが付いていたりする、などの特長があります。数十万円するようなものもありますが、入門車種なら3万円程度とお安いです。


初心者向けのクロスバイクを自転車屋さんと相談したところ、次の車種がおすすめとのこと。


 ①Giant ESCAPE R3

 ②Giant CROSS 3200


ESCAPE R3はスピード重視、CROSS3200は快適性重視という特長があります。


自転車屋さんで悩むこと30分、自分のスタイルは街乗りなので、多少デコボコした道も走ることがあると思うので、フロントサスペンション付きのCROSS 3200にしました。値段は37,800円でした。思ったよりは安かった(^^


納車は早ければ次週末です。愛車が到着するのが楽しみです♪


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


【図解】クレジットカードによる節約術(H20.7.1改正)

妻にクレジットカードの節約術について説明した時の図です。簡単な図ですが、絵にしてみると分かりやすいと思いますので、貼り付けておきます。

クレジットカードによる節約術


ポイントは


 ①固定費は、できるだけクレジットカードで払う。

 ②クレジットカードは還元率の高いカードを使う。

  →参考記事「今一番おすすめのクレジットカードは?


 ③ポイントの交換は、図書カードや商品券とする。


 ④図書カードで買った書籍は、Ez Amazonで高額売却をする。

  →参考記事「本やCDを高く売る仕組み『イージーアマゾン』


 ⑤マイレージプラスモールを経由して、マイレージを取得する。

  →参考記事「ユナイテッド航空のマイレージプラスを貯める方法


となります。



最近、Ez Amazonは人気が出てきたようで、処理が追いついていないようです。かなり待たされるようなので、気長にお待ちください。お急ぎの方は、こちら をおすすめします。


節約術は何かを犠牲にするものが多いですが、クレジットカード払いにするだけなので、生活の質を落とすものではありません。単にやるか、やらないかの差です。この際に上記の仕組み作りをしてみては、いかがでしょうか?


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

アメブロに対する要望があります。

アメブロの管理画面に、大阪で行われる対面アンケートの案内が表示されています。


アメブロの使いにくさは前から不満がありました。FC2ブログ等の競合他社と比べると貧相です。

直接要望を伝えることができるのは大変意味があります。しかも、大阪で開催なら、ぜひ出席しなければ・・・、と思ったのですが、開催日の8月30日or31日は旅行の予定が入っていました。


もし読者の方で、参加される方がおられたら、以下のことを伝えて頂けないでしょうか?


ブログの設計の自由度を上げて欲しい!


詳細は次のようなことになります。


 ①「フリープラグイン」や「フリースペース」の複数配置

   →現在は1つずつしか配置できません。


 ②個人でもGoogloe Adsenseの配置を正式に許可して欲しい。

   →一番最新の記事に載っているGoogle Adsenseは

     アメブロが勝手に表示させているものです。

   →私はある方法で無理やり配置していますが、

     正式に許可して欲しい。


 ③「ブックマーク」の最大表示数を15より上げて欲しい。

   →15個以上、ブックマークすると次ページとなってしまいます。


 ④エントリーの設計変更

   →ソーシャルブックマークやアフィリエイトなどのタグを

     表示させるなど、変更を許可して欲しい。


アメブロが少しでも使いやすくなると良いですねぇ!


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


ベトナム株が酷いことになっています。

カン・チュンドさんによると、ベトナム株が割安になっているそうです。


BloombergのベトナムVN指数チャートを見てみて、驚きました!


ベトナム株

なんとピーク時の約1/3です。


ベトナム株といえば、現在は分かりませんが、多くの日本人が口座開設のために現地に出かけるくらいの人気でした。ベトナム株へ投資されていた方の心中をお察し致します。


この暴落のため、現在、ベトナム株の配当率は、10%程度になるといいます。確かにカン・チュンドさんのおっしゃるとおり、今が買い時かもしれません。日本の証券取引所も、ベトナム株ETFを上場してくれたら良いのに。


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


低価格モバイルパソコンがホットです。

08.05.22 公開


台湾のアスース社が5万円を切る価格でモバイルパソコンを発売しました。


Eee PC

■Eee PCスペック

 ◇OS  :Windows XP Home Edition

 ◇CPU :Celeron M

 ◇メモリ:512MB

 ◇液晶 :7型ワイドTFTカラー液晶

 ◇重量 :約920g

 ◇価格 :49,800円


メモリが512MBなので、WindowsXPを動かすので、ギリギリといった感じでしょうか。さらに、キーピッチも16mmと、かなり打ちにくそうです。これじゃあ、49,800円でも欲しくは無いなと思っていたら、日本HP社から対抗商品が発売になるというニュースが入ってきました。


■HP 2133 Mini-Note PCスペック

 ◇OS  :Windows Vista Home Basic

 ◇CPU :VIA C7-M ULV 1.2GHz

 ◇メモリ:1GB

 ◇液晶 :8.9型ワイド

 ◇重量 :約1.27kg

 ◇価格 :59,850円


このパソコンは、かなり良いです!

メモリが1GBとWindowsVISTAを使うための容量を満たしており、液晶も大きくて良い感じです。PC Watchでも高評価 です。


さらに上位機種が用意されており、私ならこちらを買います。



■HP 2133 Mini-Note PCスペック

 ◇OS  :Windows Vista Business

 ◇CPU :VIA C7-M ULV 1.6GHz

 ◇メモリ:2GB

 ◇液晶 :8.9型ワイド

 ◇重量 :約1.27kg

 ◇価格 :79,800円


私が現在使っているLet's noteが約20万円したことを考えると、この値段であればコストパフォーマンスは遥かに上回ります。細かいところではLet's noteのスペックを超えているところもあるくらいです。


こういう低価格ノートが発売されると既存のモバイルノートの値下がりが期待できるので、次のリプレースのタイミングが非常に楽しみです。


ちなみにですが、FXやアフィリエイト等の雑所得がある方は経費計上が可能です。10万円以下の場合、その年度で一括償却が可能ですので、専用ノートPCを購入してみてはいかがでしょうか。


08.06.26 追記

HP 2133の予約受付が6月24日から開始しましたが、翌日には一時停止しています。初回生産分を上回る予約が殺到したとのこと。このスペックなら、誰でも欲しいでしょう。小型の低価格パソコンは本当に期待の分野です。


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


ロシア・南アのETF登場

インデックス投資家にとってはストレスのたまる展開が続きます。


ロシアと南アフリカの株式指数に連動するETFが大阪証券取引所に上場します。



【NIKKEI NETより引用】


 大阪証券取引所はロシアと南アフリカ共和国の株価指数に連動する上場投資信託(ETF)を7月にも上場する。ロシアや南アフリカの株価指数に連動するETFは国内で初めて。大証は昨年10月に中国の株価指数に連動するETFを上場させており、ETFの品ぞろえを追加投入して投資家の利便性向上を狙う。

 ロシアや南アフリカは新興国として注目されており、日本では金融機関を通じて各国の通貨建ての債券も個人投資家向けに販売されている。大証はこうした国々の株価指数に連動したETFを導入することで、売買高の拡大につなげる。


【引用終わり】



ロシアは資源高のおかげで株価が急上昇しており、新興国投資家には期待の国です。でも、インデックス投資家にとっては新興国投資はスパイスみないなもの。本当に欲しいETFではありません。


では、新興国ETFは投資家のニーズを読めていないと言えるのでしょうか?


純資産を調べてみると、

 ◇上海株式指数・上証50連動型上場投資信託   140億円

 ◇KODEX200上場指数投資信託          1,408億円

 ◇上場インデックスファンド中国A株(パンダ)      23億円

 ◇金価格連動型上場投資信託              336億円

という具合に、結構人気があります。


ロシアと南アフリカETFはセクター別ETFに比べると人気が出ると思います。


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



再度、ETFは上場数を増やせば良いと言うものじゃない!

ETFは上場数を増やせば良いと言うものじゃない! 」で、単純にETFの数を増やしても意味が無いことを書きました。


大和証券投信から、がっかりな記事が掲載されていました。


NIKKEI NET より引用】


大和証券投資信託委託は7月下旬、業種別の株価指数に連動する上場投資信託(ETF)17本を東京証券取引所に上場する。売買単位を小さくし、1万数千円から売買できるようにする。これまでのETFは最低投資金額が10万円を超えるものが大半。小口化することで個人投資家の需要の取り込みを狙う。


 上場するのは東証株価指数(TOPIX)の構成銘柄を業種別に17区分したETF。同じ指数を用いたETFは3月に野村アセットマネジメントが上場しているが、大和投資信託は取引単位を10分の1に小口化した。最も安い「小売業」のETFは1万1000円程度で購入できる見込みだ。


【引用終わり】


野村アセットマネジメントのセクター別ETFと重複しています。野村のETFも上場廃止のリスクがありますが、大和証券投信のETFが、それを加速させる可能性があります。


投資家のニーズも読めていない、他のETFとの差別化が図れていない、危険な気がします。


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


カブドットコム証券の売買手数料について

株主優待タダ取りでは、

 ◇逆日歩のかからない一般信用取引

 ◇一般信用取引銘柄が多い

ために、カブドットコム証券は必須の証券会社になっています。


私の場合、カブドットコム証券とジョインベスト証券のみで、3月の株主優待タダ取りを実施しました。


しかし、手数料が高い。イートレード証券と比較すると、その差は歴然です。


■手数料比較

 ◇現物取引
    カブドットコム証券


 ◇信用取引
    カブドットコム証券


しかも、1注文あたりの手数料体系しかないため、株主優待タダ取りのような1日に大量の取引をする場合などは、かなりの高額手数料を支払うことになります。


何とかならないものかと思案していたら、カブドットコム証券には手数料の割引プランが用意されていました。


■主な割引プラン

 ①シニア割引

 ②株主優待制度

 ③手数料キャッシュバック


①シニア割引

 カブドットコム証券
 →現物株式の売買手数料の割引プラン

  ⇒満50歳以上満60歳未満のお客さまは5%割引

  ⇒満60歳以上のお客さまは10%割引



②株主優待制度

 カブドットコム証券

 →現物株式の売買手数料の割引プラン

 →カブドットコム証券の保有株数に応じた割引プラン
   カブドットコム証券



③手数料キャッシュバック

 →取引手数料の1%をEdyでキャッシュバック

 →以下のどちらかのカードの保有ユーザ対象

  ⇒kabucomカード

  ⇒三菱東京UFJ銀行のスーパーICカード / ICキャッシュカード



私はカブドットコム証券を1株だけ購入して、「②株主優待制度」を利用しています。現在は1%割引ですが、徐々に割引率が上がっていって、2年後には3%割引になります。ちなみに、カブドットコム証券は6月23日の終値で127,000円でした。


さらに、「③手数料キャッシュバック」を利用するため、三菱東京UFJ銀行のスーパーICカードの申し込みをしています。


割引プランは併用可能なので、9月の株主優待タダ取りに向けて、着実に準備して行きたいと思います。



▼▼口座開設▼▼

 ■カブドットコム証券


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


ETFは上場数を増やせば良いと言うものじゃない!

週刊エコノミストにETFの記事が掲載されていました。


ETF大国・アメリカでは、短期間での上場廃止や繰り上げ償還が問題になっていると言います。東京証券取引所は2010年までにETF数を100に増やすとプレスしていますが、ETFに対する支持が得られなければ、同様のリスクがあります。


週刊エコノミスト記事の結言として、ETFに求められることして以下のようにまとめられています。

 ①投資家のニーズを読んでいるか

 ②商品の差別化を図っているか

 ③わかりやすいインデックスであるか


野村アセットマネジメントのセクター別ETFの運用資産は、4億円~27億円程度です。TOPIX連動型上場投資信託(1306)の7500億円と比べるとなんとも心もとない。上場廃止が発生するかもしれませんね。


また、インデックス投資家の間で切望されている海外株式インデックスのETFも支持を得られなければ、早期償還のリスクがあります。証券会社が積極的に売り込むことは考えられないので、我々がアピールしていく必要があります。


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


1行だけですが(^^; 日経マネー2008年8月号に紹介されました。

今回は1行だけですが、日経マネー2008年8月号に幸せなお金持ち日記が掲載されています。特集は、「安心・安全な新興国投資」です。


日経マネーを購読されている方も気がつかないかもしれませんが、有望新興国ランキングの回答者として掲載されています。


私は、1位:ドバイ、2位:ブラジル、3位:ロシアとしました。他には、ザ・スリービーの石田さん、BRICs研究所の門倉さんやカン・チュンドさんも回答されています。特にカン・チュンドさんはマニアックな新興国を選んでますね。かなり異色です(^^


私の新興国に対する投資スタイルは、iShares MSCI EMERGING MARKET INDEX FUND(EEM)をコアにして、興味のある国のファンドを若干買っておくこと(サテライト)にしています。私が投資している金融商品は次のとおりです。


 ・iShares MSCI EMERGING MARKET INDEX FUND(EEM)

 ・中国個別株

 ・シュローダーMENAファンド


中国個別株をかなり保有しているので、少しずつEEMにスイッチしているところです。



参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

今年の新規上場は大幅減

去年はIPOのブックビルディングのために、証券会社と銀行の間を頻繁に資金移動していたものです。今年は新規上場が少ないため、余剰資金がダブついています。


内部統制関係で新規上場が少なくなっていると思っていましたが、さらに株券電子化で追い討ちがかかるようです。


【日本経済新聞 6月15日朝刊より引用】


東京証券取引所などへの企業の新規上場は、12月20日から来年2月9日まで52日間、停止する。電子前に新規上場すると、いずれ不要になる紙の株券を発行するコストがかかるため、多くの企業が来年2月以降に先送りする見通し。新規上場は今年上半期、前年同期比で約7割減と急減しているが、年間でも大幅に減るのは避けられない情勢だ。


【引用終わり】


新規上場自体がなければ、IPO投資家はやることがなくて暇です。事実、今年はIPO関係ブログも盛り上がりに欠けています。去年のmixi上場の時の盛り上がりが懐かしいです。


さて、IPO関係のメリットとデメリットは以下のエントリーでまとめています。


 ■IPOをおすすめする7つの理由

 ■IPOがダメな7つの理由


1年ほど前に書いたエントリーで、少し見直しが必要ですが、なかなか良く書けていると思います。自画自賛(^^;


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


楽天証券で海外ETF手数料半額キャッシュバックキャンペーン継続

楽天証券の海外ETFの売買手数料が半額になるキャンペーンが6月30まで延長されます。


楽天証券


■海外ETF手数料半額キャッシュバックキャンペーンの概要
 ◇期間:6月30日まで

 ◇対象:海外ETF取扱66銘柄

 ◇手数料:以下の手数料が半額!

   ・アメリカETF

    1取引につき1000口まで31.5ドル

    1000口超の場合、1口あたり2.1セント追加

   ・中国ETF

    10万円まで525円

    10万円超100万円未満 約定代金の0.525%

    100万円以上5250円


なぜ楽天証券は、このキャンペーンを少しずつ延長したり、再開したりするのでしょうか?


まるで、イートレだけでなく、マネックスなどの反応を伺っているかのようです。


この際、手数料半額を恒久化すれば良いのに。


▼口座開設▼

楽天証券


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


ジョインベスト証券が手数料値上げ、岡三オンライン証券が期間限定で・・・

ジョインベスト証券が、逆指値などの機能追加と共に手数料を値上げします。格安手数料をウリにしてきた証券会社だけに、他社との比較は興味のあるところだと思います。


比較対象は、ジョインベスト証券・クリック証券・イートレード証券・岡三オンライン証券の4社としました。



■手数料比較

①現物株(1注文あたり)

現物株(1注文)


②現物株(1日あたり)
現物株(1日)


③信用取引(1注文あたり)
信用取引(1注文)


④信用取引(1日あたり)
信用取引(1日)



■感想

価格帯で異なりますが、概して1注文あたりではクリック証券、1日あたりではジョインベスト証券の勝ちです。


株主優待タダ取りでは個別株と信用取引を組合せです。さらに、3月や9月の中間・期末決算となると、1日でかなりの金額の取引を行うことになります。だから、私は1日あたりの手数料に注目しています。株主優待タダ取りをする人にとっては、ジョインベスト証券の口座を保有しておく価値はあると思います。


イートレード証券と岡三オンライン証券は、手数料がほとんど同じという意識的な手数料体系となっています。しかし、岡三オンライン証券がやってくれました。期間限定で日本株と信用取引の手数料が無料です。6月23日から9月30日だけですが、9月の株主優待タダ取りに利用しては?



▼口座開設▼
■1日あたりの手数料格安

   ⇒ジョインベスト証券

■期間限定手数料無料

   ⇒岡三オンライン証券


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

【写真あり】ICOCAのクレジットカードチャージができなくなります。

窓口業務が滞るほどの乱用が一部で話題となっていたICOCAへのクレジットカードチャージが、6月末でできなくなります。



ICOCA


制度設計が間違っていると、一儲けしようと人が集まってきます。そして、本来正しい制度へ変更になる。まさに、アービトラージ(裁定取引)です。


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


神田昌典氏×勝間和代氏の対談講演会

2008年1月28日に行われた神田昌典氏と勝間和代氏の対談映像が、無料で公開されています。


通勤ドットコム無料コンテンツ「神田昌典氏×勝間和代氏の講演映像」


勝間氏が講演の中で、「アウトプットは重要である。やるかやらないかの違いが大きい。3行でも良いので、ブログに講演会の感想を書いて欲しい。」とおっしゃっているので、少しだけ感想を書いておきます。



■マッキンゼー時代、勝間氏の話は分かりにくいと言われ続けてきた。この原因をマッキンゼーのコンサルタントにアンケートしたところ、

  ①相手の話を聞いていない。
  ②話が飛ぶ。相手の理解を考えていない。
  ③話すスピードが速い

の3点が挙げられてきた。この3点に注意するだけで、大きく改善した。


自分のプレゼンに自信があるかと言われると、まったく自信がありません。システムエンジニアなので・・・、と訳の分からない言い訳をしていました。明日から、①~③の改善をしてみたいと思います。特に②と③は心当たりありです。



■勝間氏は「助けてオーラ」が出ているので、様々な人のサポートが得られてきた。神田氏も初めて勝間氏に会った時に、ヘルメットと自転車で現れて、なんとかエレガントな演出をしてあげたいと感じた。


「自転車に乗ってくるなんて、格好の悪い」というニュアンスで神田氏が話していましたが、自転車を利用している真意がよく分かっていないようです。ユーモアかなとも思ったのですが、勝間氏の著書を読んでいるのか疑問を感じました。自転車を利用する理由は、ママチャリじゃなくてロードバイクを利用すれば10km以内の移動であれば電車より早いこと、運動と移動の両方を達成できることです。



■勝間氏はSRIを推奨している。が、日本では流行らない。その理由は次の3つだそうです。
  ①世間はあっても、社会という概念がない。
  ②権利と義務という概念はない。
  ③投資をしない国民性。

③は分かるのですが、①と②は意味不明です。もう少し解説が欲しかったところです。日本人にも社会という概念がありますし、権利や義務については最近は非常にうるさくなってきています。SRIが流行らない理由は、企業のCSRに対する取り組みを正確に評価するインデックスが存在しないからではないでしょうか。



勝間氏は尊敬する人の一人です。これほどまでに本が売れているのは、勝間氏の著書の内容が誰でもすぐに応用できる点だと思います。私もいくつか実践しており、最近は能力の伸長を感じるようになりました。いつか講演会をライブで受講してみたいと思います。


あと、気になる点を1点追記です。

勝間氏の話し方は、神田氏と比較すると、危なっかしい印象を受けます。これほど流暢に話しているのに、なぜかなと考えていて、ふと気がついたのですが、目線が泳ぐからです。(えらそうなことを言ってすいません。)


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

【図解】世界経済の見通し

script_afpbb_news,http://jss.afpbb.com/sdata/newsdelivery/ameba/js/utf8/3001000/6de28c14e65ef02b4fc0d35a3dc45094.js

要諦は

 ◇2009年も世界経済は低迷を続ける。
 ◇資源を持っている国、例えばカナダは比較的堅調。
 ◇日本も他の先進国と比べて、まだマシ。

といった具合です。

山崎元氏がエコノミストの別冊で、「今後2年ほどは、世界経済は低迷を続けるので、買うタイミングは何度も訪れる」というニュアンスの発言が記載されていました。(手元に本がないので、間違っていたら、すいません。)

裏付けるようなデータとして、クリッピングしておきます。

参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

人民元が今後1年間で10%上昇と予想

FujiSankeiBusiness iの記事によると、ゴールドマン・サックスが今後1年間で人民元が10%上昇すると予想しています。



【FujiSankeiBusiness iより引用】


中国の通貨「人民元」の対ドル相場上昇ピッチが一段と加速しそうだ。現段階で1ドル=6・9元台で推移している為替水準が来年6月には6・3元と、1年で約10%元高になるとの予想を、米証券大手ゴールドマン・サックスが5日までにまとめた。膨張が続く外貨準備高の保有コスト低減を図る中国当局が、元高加速を容認すると分析した。



人民元


【引用終わり】



中国を高く評価しているジム・ロジャーズ氏は、「今後20、30年で、人民元は数倍」と発言しているので、72の法則で計算してみてら、年率10%程度でしょうか。(数倍というのは、何倍なのかによりますが)


私は、人民元・円の連動債券を保有しているので、間接的に人民元を保有しています。年率10%とは心強い予想です。あと3年ほどで償還を迎えますが、良い結果がでると良いですね~。


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

新生銀行のプラチナ会員になりました。

6月から新生銀行のプラチナ会員になりました!


新生銀行


プラチナ会員になるためには、月末に以下のいずれかの条件を満たす必要があります。


 ①お預入残高 2,000万円以上
 ②金融商品(投資信託、仕組預金、外貨預金など) 300万円以上
 ③住宅ローン前月末残高 1円以上


私は円MMFを300万円分購入して、条件を達成しました。円MMFは元本割れの可能性が低いため、おすすめです。ただし、30日以内に解約すると手数料を取られるので、注意が必要です。


そして、プラチナ会員向けのサービスは以下のとおりです。


 ①店頭での海外送金に関する手数料(通常4,000円)を毎月1回、無料
 ②他行宛てインターネット振込手数料月10回まで0円(実質無料)

 ③資産運用のプロであるFPをご紹介し、初回最長2時間の相談無料


Yahooオークションを時々使うので、②の振込手数料が月10回まで無料というのが、ありがたいです。逆に、③のFP相談はまったく必要ないです。


ちなみに、プラチナ会員は一度でも条件を満たせば翌年の4月末まで権利が継続されます。というわけで、皆様も夏のボーナスやIPOのブックビルディング用資金などを集めて、300万円分の円MMFを購入してみてはいかがでしょうか。


▼口座開設はこちら▼

新生銀行


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



イスラエル株って、欲しいですか?

7月末を目処として、アイザワ証券がイスラエル株を取り扱うとの報道がなされています。(FujiSankei Business i「イスラエル株取り次ぎ アイザワ証券、来月にも 」)


アイザワ証券とユナイテッドワールド証券が競うようにエマージング株式の取扱レパートリーを広げていますが、いまいち盛り上がりに欠けます。


私が無知なだけかもしれませんが、この日本でイスラエル株を買いたいと思う人が、どれくらい居るのでしょうか?どうもニッチなところを狙いすぎているように思えてしまいます。


ふと、香港のBOOM証券のことを思い出しました。乙さんのブログの記事を紹介しておきます。


乙川乙彦の投資日記さん「香港の BOOM 証券に口座開設するメリットは? その3」


BOOM証券も世界中の株式を取り扱っていますが、現在でも日本で買えないような海外ETFやオフショアファンドが購入できる点が魅力です。乙さんのブログを読んでいて、口座開設をしようかなと心が揺れました。


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


マネックス証券で、投信の手数料全額キャッシュバックキャンペーン

マネックス証券で、投資信託の申し込み手数料が全額キャッシュバックになるキャンペーンを、6月9日から7月25日の間で実施します。(コメント欄でAlivisさんに紹介して頂いたキャンペーンです。)


私の記憶している限りでは、マネックス証券は同種のキャンペーンを1年に2回実施しています。


普段は利用することのないキャンペーンですが、今回は「年金積立インデックスファンド海外新興国株式」を購入しようと思います。 


私は中国個別株を保有しています。現在の配当利回りは、1.5%から7.5%にもなります。1年も経つと、結構な金額になるので、キャッシュバックキャンペーン時に「年金積立インデックスファンド海外新興国株式」を買えばちょうど良いと思ったのです。


年金積立インデックスF海外新興国株式はノーロードではありませんでしたが、このようなキャンペーンを利用すればいいわけです。でも、タイミングがキャンペーン時に限られてしまいますが、私のような使い方であれば、1年に2回もあれば十分です。


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


2008年5月の運用成績

【運用成績(税引き前)】

 ■過去1ヶ月  -1.1%

 ■過去3ヶ月    1.1%

 ■年初来   -10.8%


今月は以下の金融商品を売却して、海外ETFのEFAを購入しました。


 ◇STAM TOPIXインデックス・オープン

 ◇STAMグローバル株式インデックス・オープン

 ◇米ドルMMF


EFAには日本株が含まれているため、厳密な意味でのリレー投資を行うと、日本株も売却する必要があります。今回は、海外ETFの配当を一時的に貯めていた米ドルMMF@イートレも合わせています。


やはり計算がややこしくなるので、TOKを利用したいのですが、出来高は相変わらず低いため、まだまだと言った感じ。しばらく試行錯誤が続きそうです。



【金融商品】

■日本株式

  ・個別株

  ・TOPIX連動型投資信託(1306)


■日本債券

  ・変動金利型個人向け国債

  ・持家財形貯蓄


■外国株式

  ・中央三井外国株インデックス雨

  ・中国個別株ドクロ

  ・海外ETF(EEM、EFA、IVV、DVY雨

  ・シュローダーMENAファンド雨


■外国債券

  ・中国人民元-円連動社債(愛称:E*チャイナ2)

  ・STAMグローバル債券インデックス・オープン


■その他

  ・STAM グローバルREITインデックス・オープン

  ・STAM J-REITインデックス・オープン


【2008年の運用リターン】

 -20%以下:ドクロ

 -10%以下:雨

 +10%以上:晴れ

 +20%以上:天使


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
05 ≪│2008/06│≫ 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: