ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

2010年目標の評価

年初に立てた目標を評価します。


結果から言うと、○:3個、△:1個、×:4個と満足のいく成績ではありませんでした。来年は全て○にできるように努力したいと思います。


■全般・生活
①朝の時間帯を有効に活用する。→○

 朝5時半起きは年の途中から6時起きに変わりましたが、朝時間を有効に活用できました。ほとんどの朝時間を仕事に投入し、成果を上げることができたと自己評価しています。また、仕事上の評価があったから、ステップアップ が出来たのだと思います。


■資格/勉強
②プロジェクトマネージャ試験に合格する。→×

 勉強時間が足りず、時間内に論文を書ききることができませんでした。来年もチャレンジします。


③英語力を向上させるために、年間100時間勉強する。→△

 質はともかく、100時間以上の英語の勉強をしました。ランニング中にiPodで聞き流していましたが、あまり英語力の向上にはつながらないようです。質の向上を考えなければなりません。


■健康
④ハーフマラソンを2時間以内に完走する。→○

 悲願の2時間切りが達成できました!目標に掲げて達成するまで3年かかりました。今年は涼しい季節に距離を稼ぎ、真夏でも練習をさぼることなく、継続できたのが成果 につながりました。


⑤筋肉を1kg増やす。→×

 ランニングの成果で体重は1.5kgほど痩せましたが、体脂肪率は変化なし、筋肉は逆に減少しました。ランニングと筋トレの両方をするのは、体力的にも時間的にも厳しいです。


■知識・教養
⑥哲学書/古典/文芸書を読み、教養を深める。→×
 哲学書/古典は1冊、文芸書は8冊を読みました。哲学書/古典は私には合わないようで、気力が湧かず。


⑦ビジネス書/IT本を読み、業務遂行力を向上させる。→○
 ビジネス書は12冊、IT本は6冊読みました。


■趣味
⑧海外旅行1回 →×

 子供を授かったこともあり、海外旅行に行く時間が無かった。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ゆく年くる年もっともっと!祭り Yahoo!ショッピング最大35倍ポイントキャンペーン

幸せなお金持ち的日記-もっともっと祭り


Yahoo!ショッピングで再び大型キャンペーンを実施します。

ポイント還元が最大35倍と驚異的な還元率です。


実施期間は夜だけですが2日間続けて実施されます。

「ゆく年くる年」とネーミングしている所以です。

 ■実施期間

  ◇2010年12月31日 19:00~翌日2:00

  ◇2011年1月1日   19:00~翌日2:00


いつもの通り、いくつかの条件を満たすと還元率が上昇していく仕組みです。


 ①ランクポイント   0倍(なし)~10倍(プラチナ)

 ②ストアポイント   1倍~15倍

 ③モバイル      5倍

 ④TログインID連携 2倍

 ⑤その他       3倍


幸せなお金持ち的日記-もっともっと祭り


ということで上位ランク者でなければ条件が少し悪化します。

それでも、最低11倍ポイントなので、高還元率です。


まぁ、楽天がプラチナの人は楽天市場がポイント10倍超 になっているので、

そちらでも良いかもしれません。

 □Yahoo!ショッピング
 □楽天市場


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村 株ブログへ

2010年の運用報告

2010年12月末の運用報告です。


【運用成績(税引き前)】  

 ■過去1ヶ月    0.3%

 ■過去3ヶ月    3.5%

 ■過去6ヶ月    9.1

 ■過去1年     1.4%

 ■通算        1.5%

       にほんブログ村 株ブログへ


年間の運用成績は+1.4%でした。少し物足りない成績ですが、日本株の株価が年間で-3%だったことを考えると、まずまず健闘したと言えます。投資方針としては間違っていないと思いますので、このままインデックス投資+αを続けていきます。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ


日本株式
 個別株
TOPIX連動型上場投資信託(1306)ドクロ
日本債券
 大同MMF
外国株式
 中央三井DC外国株式インデックスL雨
CMAM外国株式インデックスe晴れ
上場インデックスファンド海外先進国株式
iShares S&P 500 Index (IVV)
iShares Dow Jones Select Dividend Index (DVY)ドクロ
iShares MSCI EAFE Index (EFA)ドクロ
Vanguard European Stock ETF (VGK)
中国個別株晴れ
年金積立インデックスファンド海外新興国株式雨
eMAXIS新興国株式インデックス晴れ
iShares MSCI Emerging Markets Index (EEM)ドクロ
Vanguard Emerging Markets Stock ETF (VWO)
上場インデックスファンド海外新興国株式
シュローダーMENAファンドドクロ
外国債券
 中国人民元-円連動社債 愛称「E*チャイナ2」
日興インデックスファンド海外債券ドクロ
STAM グローバル債券インデックス・オープン雨
日興ユーロMMF
その他
 eMAXIS 先進国リートインデックス
NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信晴れ
カンボジアONE


【運用リターン(通算)】

 -20%以下:ドクロ

 -10%以下:雨

 +10%以上:晴れ

 +20%以上:天使



FXを利用した節税スキーム

「節税スキーム」なんて聞くと、怪しく思われるかもしれませんが、真面目な節税手法です。ちなみに、脱税は犯罪ですが、節税は合法です。制度をうまく利用して、税金を節約するのが、「節税」です。

サラリーマンの場合、給与以外の所得が20万円以下であれば、確定申告の必要がありません。もしギリギリ20万円弱の雑所得があった場合、税率を30%と仮定すると、6万円得したことになります。


では、給与以外の所得が21万円だったら、どうなりますか?


確定申告を行い、6万円超の税金を納めなければなりません。


となると、1万円ほど、わざと損をして20万円以下になれば確定申告の必要がなくなるわけですが、そんな時に限って、相場は思ったとおりには動いてくれません。


そんな時に使っていただきたいのが、今回紹介する「FXを使った節税スキーム」です。ほとんど損をすることなしに、20万円以下に収めることが可能です。


方法は簡単です。


①通貨は何でも良いので、「売り」と「買い」を両建てする。手数料が安い米ドル/円がおすすめ。


②数日すると相場が動いて、どちらかのポジションでプラス、もう片方のポジションでマイナスになる。でも、両建てなので、損得はなし。


③「マイナスのポジション」を決済し、損失を確定させる。そして、すぐに決済したポジションを再度建てる。


④翌年以降に、両方のポジションを決済する。


③のところまでくると、損失だけ確定し、利益は含み益のままになります。つまり、利益の繰り越しができるわけです。20万円以下まで所得を減らすことによって、確定申告の必要が無くなるという仕組みです。


注意点は、

①損失の大小は相場の動きに左右されるため、想定される損失以上が出るように、比較的大き目のポジションを取る必要がある。


②売買を複数回するので、手数料が安くないと損失が大きい。


③両建てができるFX業者であること。ただし、異業者間FX両建てのように複数のFX業者間で両建てする手法もある。

となっています。今はFXの手数料も安くなったので、現実的な節税手法として利用可能かと思います。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村 株ブログへ


平成23年の新規上場(IPO)候補は?

ZAKZAK によると平成23年は大手の新規上場が相次ぐ予定だそうです。引用すると膨大になるので、企業名だけをピックアップしておきます。


 ■日本国内

  ・東京メトロ

  ・東京証券取引所

  ・クリック365

  ・JR九州

  ・パチンコホール(銘柄名不明)

  ・ポッカ

 ■海外

  ・フェイスブック

  ・スカイプ

  ・クライスラー

  ・少林寺

  ・プラダ


日本国内の企業はいずれも公益企業や大手企業に集中しており、ベンチャー企業が上場しない理由として、「3年ルール」と呼ばれるものがあるそうです。ZAKZAK より引用します。


「上場直前の3期は黒字の実績が必要なのです。08年秋のリーマンショックで、09年3月期は赤字企業が続出した。翌年度に黒字復帰しても、3年ルールをクリアできるのは最速で12年3月期。そこから申請しても、新規上場は12年夏。新興企業の上場ラッシュはしばらく先でしょう」


IPOバブルが復活するとすれば2012年夏(平成24年夏)以降ということです。来年のIPOは大手企業のため利益が薄い、あるいは公募割れのリスクを抱えることになりそうです。

それにしても、そうそうたる企業の中に「少林寺」というのは吹き出しそうになりました(^^;


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村 株ブログへ


「自宅クリーニング」で節約

NIKKEI PLUS1で紹介されていた「『自宅クリーニング』で節約」が参考になったので、紹介しておきます。


形状安定加工のない綿100%のワイシャツを何枚か持っています。このシャツを自宅の洗濯機で洗濯して、アイロンかけをしても、しわが伸びずに苦労することになります。結局、クリーニングに出すわけですが、「スポーツシャツ」や「ドレスシャツ」などというランクになり、300円~600円くらい掛かります。


私のようなケースは極端にしても、自宅でクリーニングできると、ランニングコストはかなり下げることができます。NIKKEI PLUS1の記事で、クリーニングに出すしかないと思っていた衣類が意外にも自宅でクリーニングできることが分かりました。


クリーニング店の方が無難な衣類は次の5点だそうです。


 ①シルク、レーヨンなどとこれらの混紡品、毛皮、皮革

 ②プリーツやしわ加工がある

 ③スーツやジャケットなど芯地を多く使い、型崩れしやすい

 ④色落ちする

 ⑤素材や洗い方が確認できない、アイロンがけが難しい


あとは、衣類の表示を見ながら、洗濯機の「手洗いコース」もしくは「ドライコース」の利用し、繊維質によっては中性洗剤(エマールやアクロン)を使用するなどです。


でも、大事にしているダウンジャケットやウールのコートはクリーニング店に任せた方が安心です。ケースバイケースで自宅クリーニングにもチャレンジしたいものですね。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村 株ブログへ

平成22年12月末の株主優待タダ取り その2

前回紹介した時点から、次の銘柄を両建てしました。


 ■コカ・コーラウエスト

  →100株(約15万円)

  →1800円相当商品

  →松井


資金に余裕があったら、PGMや山崎パンも両建てしたかったのですが、今回は異業者間FX両建てに資金を注入しているので、諦めました。


3月のことを考えると資金不足は心配です。利回りを計算して、一時的にFXのポジションを解消することも考えなければなりません。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村 株ブログへ


店頭FXの税率が20%へ

以前から店頭FXの税制はおかしいと指摘してきましたが、ついに税制が変更されることになりました。


おさらいしておくと、現在、店頭FXの税制は雑所得として、総合課税されます。そのために、年収の大きい人は最大50%の課税となってしまいます。


課税所得金額税率
195万円以下15%
195万円超330万円以下20%
330万円超695万円以下30%
695万円超900万円以下33%
900万円超1,800万円以下43%
1,800万円超50%


今回の税制変更で税率20%の申告分離課税になります。つまり、外貨預金や外貨MMFと同じ税率になります。


となると、「スワップポイントを利用した低リスク投資法と注意事項 」で指摘した課税の問題はなくなりました。ますますお勧め度があがります。


節税方法として書いておくと、課税所得金額が195万円以下の方は両建てしているポジションのうち、利益の出ているポジション(多くはスワップの入ってくるポジション?)を税率15%で決済して、再度ポジションを取る方法で節税できます。


ちなみに、2012年1月以降の決済分から適用ですので、あわてないようにしてください!


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村 株ブログへ


平成22年12月末の株主優待タダ取り

平成22年12月末の株主優待タダ取りは早めに仕掛けることにしました。


今回両建てしたのは、次の銘柄です。


 ■マクドナルド

  →100株(約20万円)

  →優待食事券(3000円相当)

  →カブドットコム証券


 ■アサヒビール

  →100株(約17万円)

  →自社商品(1000円相当)

  →カブドットコム証券


 ■サッポロビール

  →1000株(約33万円)

  →自社商品(2000円相当)

  →カブドットコム証券


 ■コクヨ

  →100株(約7万円)

  →自社商品(2000円相当)

  →カブドットコム証券


特にマクドナルドは人気なので、売り禁になる可能性は高いと思います。資金に余裕がある人は300株、500株を両建てすると、株主優待のお食事券は3倍、5倍もらえるのでお勧めです。


そして、今回はカブドットコム証券で、信用買い+信用売りを行い、現引きすることで手数料を節約しています。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村 株ブログへ


役職者へ昇進しました!

私事ではありますが、今月の人事異動で係長クラス(社内では別の呼び名があります)へ昇進となりました。入社10年、最速出世とはいきませんでしたが、出世欲のない私には気になりません。あまり前のめりにならずに、自然と評価が高まったら、昇進をしていくだろうと考えることにしていました。


ちなみに、昔一緒に仕事をしていた先輩が推薦してくださった様です。人事異動の決定プロセスを詳細に知っているわけではありませんが、受け入れる方の上司が「こいつが欲しい」ということがきっかけとなり、受け入れる側と送り出す側の交渉が始まるのだと聞いています。良い評価を与えてくれた先輩に感謝です。


一方、過大な期待があるようで心配な面もあります。早めに何らかの成果を出し、チームの一員として認めてもらえることが重要と考えています。伽藍(退出の許されない閉じられた空間)で勝負している限りはポジティブな評判を積み上げていくしかありません。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


平成22年11月末の運用報告

【運用成績(税引き前)】  

 ■過去1ヶ月    1.1%

 ■過去3ヶ月    7.5%

 ■過去6ヶ月    5.3%

 ■過去1年     6.7%

 ■通算        1.2%

       にほんブログ村 株ブログへ


個別株の運用状況を調べていたところ、ついに私の持っている株で、株価が3倍以上になったものが出てきました。その株は「コマツ」です。ちょうど、カンブリア宮殿にコマツの社長が出演されており、「ダントツ商品」というコンセプトに共感したのがきっかけでコマツ株を購入しました。リーマンショックで株価が低迷している最中だったので、現在は3倍以上の株価になっています。


こういう成功事例を話すると、すごく儲かっているように思われるかもしれませんが、全体でみると+1.2%でしかありません。ここが分散投資の良いところでもあり、悪いところでもあります。私は個別銘柄を見る目は無いので、少しずつ分散して購入しています。コマツ株は成功例ですが、その裏には失敗例もたくさんあるということです。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ


日本株式
 個別株
TOPIX連動型上場投資信託(1306)ドクロ
日本債券
 大同MMF
外国株式
 中央三井DC外国株式インデックスL雨
CMAM外国株式インデックスe
上場インデックスファンド海外先進国株式
iShares S&P 500 Index (IVV)
iShares Dow Jones Select Dividend Index (DVY)ドクロ
iShares MSCI EAFE Index (EFA)ドクロ
Vanguard European Stock ETF (VGK)
中国個別株晴れ
年金積立インデックスファンド海外新興国株式雨
eMAXIS新興国株式インデックス晴れ
iShares MSCI Emerging Markets Index (EEM)雨
Vanguard Emerging Markets Stock ETF (VWO)
上場インデックスファンド海外新興国株式
シュローダーMENAファンドドクロ
外国債券
 中国人民元-円連動社債 愛称「E*チャイナ2」
日興インデックスファンド海外債券雨
STAM グローバル債券インデックス・オープン雨
日興ユーロMMF
その他
 eMAXIS 先進国リートインデックス
NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信晴れ
カンボジアONE


【運用リターン(通算)】

 -20%以下:ドクロ

 -10%以下:雨

 +10%以上:晴れ

 +20%以上:天使


プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
11 ≪│2010/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: