ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

FXを利用した節税スキーム

「節税スキーム」なんて聞くと、怪しく思われるかもしれませんが、真面目な節税手法です。ちなみに、脱税は犯罪ですが、節税は合法です。制度をうまく利用して、税金を節約するのが、「節税」です。

サラリーマンの場合、給与以外の所得が20万円以下であれば、確定申告の必要がありません。もしギリギリ20万円弱の雑所得があった場合、税率を30%と仮定すると、6万円得したことになります。


では、給与以外の所得が21万円だったら、どうなりますか?


確定申告を行い、6万円超の税金を納めなければなりません。


となると、1万円ほど、わざと損をして20万円以下になれば確定申告の必要がなくなるわけですが、そんな時に限って、相場は思ったとおりには動いてくれません。


そんな時に使っていただきたいのが、今回紹介する「FXを使った節税スキーム」です。ほとんど損をすることなしに、20万円以下に収めることが可能です。


方法は簡単です。


①通貨は何でも良いので、「売り」と「買い」を両建てする。手数料が安い米ドル/円がおすすめ。


②数日すると相場が動いて、どちらかのポジションでプラス、もう片方のポジションでマイナスになる。でも、両建てなので、損得はなし。


③「マイナスのポジション」を決済し、損失を確定させる。そして、すぐに決済したポジションを再度建てる。


④翌年以降に、両方のポジションを決済する。


③のところまでくると、損失だけ確定し、利益は含み益のままになります。つまり、利益の繰り越しができるわけです。20万円以下まで所得を減らすことによって、確定申告の必要が無くなるという仕組みです。


注意点は、

①損失の大小は相場の動きに左右されるため、想定される損失以上が出るように、比較的大き目のポジションを取る必要がある。


②売買を複数回するので、手数料が安くないと損失が大きい。


③両建てができるFX業者であること。ただし、異業者間FX両建てのように複数のFX業者間で両建てする手法もある。

となっています。今はFXの手数料も安くなったので、現実的な節税手法として利用可能かと思います。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村 株ブログへ


コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: