ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

セミリタイヤの可能性

愛読しているブログ「ホンネの資産運用セミナー 」のゆうきさんが

現在の仕事を業務委託契約に変えたり、ウェブサイトでの広告収入、講演収入・原稿料収入を増やすことで、今のキャリアを継続しながらセミリタイア・ハーフリタイアの可能性が見えて来た。

と最近のブログで書かれています。(部分的に抜粋したので、詳細はぜひリンク先 を参照ください)


橘玲さんは、お金を得る方法を2つに分けて説明しています。


 ①人的資本を労働市場に投資する。

 ②金融資本を金融市場に投資する。


セミリタイヤをした時の生活費を得る方法は様々ですが、私は会社を辞めてしまうと、労働市場からの収入というのはあまり期待できないでしょう。セミリタイヤ後は金融市場からの収入をメインに考えざるを得ません。


ただ、金融市場だけに頼るのは非常に危険なのだということも理解しています。このジレンマゆえに、仮に1億円の資産があったとして、これでセミリタイヤ可能かを判断することは今の段階では難しいです。


私にはゆうきさんのように、「セミリタイヤ・ハーフリタイヤの可能性」は未だ見えて来ていません。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

投資信託ランキングを確認する時は、こちら

海外ETFランキングを確認する時は、こちら



コメント
1 ■なるほど。
お久しぶりのコメント失礼致します。
うまくいく人、いかない人、それぞれですよね。私も色々思考しながら頑張っていきたいと思います。
しかし今の日本は瞑想し過ぎです。
震災前から感じていますが、大きな大きな転換期に入っている事は間違いないと思います

いつも励みになるブログありがとうございます☆
これからも頑張って下さい
2011/06/12(日) 14:52 | URL | 『ZERO×ゼロ=∞』 by たき☆たく 33 #79D/WHSg[ コメントの編集]
2 ■セミリタイア
セミリタイアは、憧れるものであって、実際やるものではありません。お勧めできません。 実際の経験者より
2011/06/12(日) 16:40 | URL | 通りすがり #79D/WHSg[ コメントの編集]
3 ■Re:なるほど。
>『ZERO×ゼロ=∞』 by たき☆たく 33さん

震災前に余命3年と言われていた日本が、震災により混迷が深まったように感じています。ただ、大きく変化するための最後のチャンスなのかもしれません。それなのに、今の政府に期待できないことが絶望を感じてしまいますね。
2011/06/12(日) 18:23 | URL | エッジ #79D/WHSg[ コメントの編集]
4 ■Re:セミリタイア
>通りすがりさん

貴重なコメントありがとうございます。なぜお勧めできないのかも併せて書いていただけると幸いです。
2011/06/12(日) 18:24 | URL | エッジ #79D/WHSg[ コメントの編集]
5 ■貴重な意見
>エッジさん

ありがとうございます。やはり国民一人一人が本当に危機感持たないと厳しいです。私は起業してまして現在2社経営に携わり今の日本のおかれた現状を肌で感じています。
投資は趣味ですが、やはり感度の高いネット系証券会社の様に政府も肌で感じて欲しいです
2011/06/12(日) 23:15 | URL | 『ZERO×ゼロ=∞』 by たき☆たく 33 #79D/WHSg[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: