ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

改正国民年金法で嬉しいことが・・・

8月4日に改正国民年金法が成立しています。asahi.comから引用します。(アンダーラインは私が追加)


 改正国民年金法などが4日の衆院本会議で、与野党の賛成多数で可決、成立した。未納となっている国民年金保険料を後払いできる期間を現行の2年から10年に延長することが柱で、来年10月から実施する予定。


 改正法は、無年金の人を減らし、老後の年金額を増やしやすくする狙い。3年間の特例で、後払い期間を延長する。そのほか、年金額を上乗せする国民年金基金への加入が65歳まで可能になる。企業年金の一つの確定拠出年金は、加入できる年齢を60歳から65歳に引き上げ、会社側による運用資金に従業員本人も掛け金を上乗せできるようになる。

メインは未納問題の対策として、10年間の後払いを認めた点ですが、私にとって嬉しい内容は確定拠出年金にマッチング拠出が認められた点です。(上記記事のアンダーラインのところ)


確定拠出年金は掛け金が全額所得控除となり、運用期間中は無税になるなど、メリットの大きい年金制度です。このため、できるだけ掛け金を大きくしておきたいところですが、企業年金型の確定拠出年金は会社が決めた額しか拠出することができませんでした。


今回のマッチング拠出の解禁で、会社の掛け金と同額、双方の掛け金の総額が46,000円以内という条件が付きますが、従業員が給料から確定拠出年金の掛け金を拠出することができます。


今まで何度も議論されてきましたが、ようやく実現したと聞きまして、感無量です。あとは、会社がマッチング拠出を導入してくれることを期待するだけです。制度があっても、会社が導入してくれなければ意味がありませんから。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村 株ブログへ


コメント
1 ■組合の力があれば
昔、会社で労働組合の仕事を手伝っていました。このような制度を利用するのも、ひとつの節約の手ですね。

税金は、できれば、
今は多く払いたくないですね。

将来、余裕ができれば、
税金をいっぱい払って、
貢献したいとは思いますが、
今は、無理ですw
2011/08/06(土) 14:24 | URL | 必殺節約人 #79D/WHSg[ コメントの編集]
2 ■Re:組合の力があれば
>必殺節約人さん

私は自分の会社の組合を信用していないので、あまり期待もしていません。組合費を払うのを止めて、投資に充てたいくらいです。。。
2011/08/06(土) 22:16 | URL | エッジ #79D/WHSg[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: