ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

株式・ETFの売買手数料を節約する。

個別株やETFを売買する時に発生するのが、各証券会社で決められている売買手数料です。

最近は売買手数料が大幅に下がっており、小さい額なので、無頓着でした。

でも、売買手数料を無料にする方法があります。
2つ方法がありまして、①松井証券を利用する方法と②GMOクリック証券を利用する方法です。

①松井証券を利用する方法は単純で、松井証券の売買手数料の料金体系は1日あたり10万円以下は無料になっています。少額取引は松井証券で実施することをおすすめします。

②GMOクリック証券は株主優待を利用します。

GMOインターネット(9449)やGMOアドパートナーズ(4784)の株主優待は5000円を上限にGMOクリック証券の現物・信用の売買手数料がキャッシュバックされます。

半年に1回、株主優待が送られてくるので、両方の株を持っていると年間4万円(5000円×年2回×2銘柄)を上限にキャッシュバックを受けられます。



株主優待のクロス取引やインデックスファンドのリレー投資など、株式売買をするタイミングはあると思いますので、上手に節約してみてください。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント
手数料優待の活用
こんばんは、ブックマークの先頭にして、いつも読ませていただいています。
FX取引の優待なら、FXプライムなどの優待もありますが、株式・ETF取引の優待は貴重ですよね。

クリック証券の優待は私も一応活用しているのですが、なぜか信用取引口座の開設を拒否されてしまっています。
優待のクロス取引への活用など考えていたので、この点は少々残念です。(むろん他の証券会社では問題なく解説できています。)
ただ、証券会社から見ると、手数料優待現物買い+信用売りは、最悪の取り合わせでしょうから、わからなくもないといえばないのですが、この点は非常に残念と感じています。
2012/07/07(土) 21:43 | URL | さと☆ #-[ コメントの編集]
コメントありがとうございます。
=>さと☆さん
コメントありがとうございます。

FXプライムの株主優待は、一部キャッシュバックですね。微々たるものですが、ユニークな株主優待だと思います。あと、FXプライムはごくまれにシークレットキャンペーンをしてくれるので、口座を保有しています。

GMOクリック証券の信用口座の開設を拒否されたのは残念ですね。制度信用で株主優待クロス取引をする時に最強の組み合わせになります。
2012/07/08(日) 06:25 | URL | エッジ #8XLsJzT2[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: