ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

NISAに関する私のスタンス

先日、NISAに関して、某誌から取材を受けたことがあり、その時にまとめた内容を紹介しておきます。

だいたい他のブログ等でも同じようなことが書かれてあるので、特段目新しいものではないと思います。


NISAを利用する上でのポイント


NISAを利用していく上で、考慮しておくべき事項をまとめておきます。

①損益通算できない。
NISA口座(非課税口座)と特定口座(一般口座)の間で損益通算ができません。非課税口座で損失を出した場合、損益通算ができず、税金を余計に払う必要があると言う点に注意が必要です。

②売却すると、その分の投資枠が無くなる。
年間100万円が投資枠になりますが、途中で売却した場合、投資枠は復活しません。そのため、5年間のバイ&ホールドが基本戦略となります。

③NISA向けファンドは無理に買う必要なし。
NISA向けファンドとして開発された商品を買う無理に必要はありません。低コストのインデックスファンドやETFが充実しています。あるいはバランスファンドでも良いでしょう。

④キャンペーンは気にしない。
期待したほどの大型キャンペーンは今のところありません。長期保有を前提としているため、金融機関にとっては手数料収入が見込めないことがキャンペーンが小ぶりになる理由だと思います。個人投資家としてはキャンペーンに惑わされることなく、自分の買いたい商品が低コストで売買できる証券会社を選ぶべきです。


私のNISA投資スタンス


まだ数ヵ月ほど時間があるので、もう少し練っていきますが、今のところ以下のような投資スタンスを考えています。

 ①100万円の枠を全て使い切る。

 ②NISA口座の100万円枠を減らさないように、
  リバランスはNISA口座外で実施する。

 ③リスク分散のために、ポートフォリオ全体とNISA口座単体の
  2面からのポートフォリオバランスを確保する。

 ④信託報酬の少ないインデックスファンドかETFを利用する。


NISAはインデックス型のバランスファンドと相性が良さそうに思います。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: