ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

大阪市営地下鉄の通勤費を安くあげる方法(2014年4月以降)

大阪ローカルネタで恐縮です。

大阪市営地下鉄は料金が高いことが有名で、橋本市長も値下げを公約に掲げていました。2014年4月より、初乗り運賃を20円下げて、180円になります。なお、消費税増税のため、1区間以外の料金は値上げになります。

また、今までは定期券よりも安く利用できる「一区特別回数券」がありましたが、4月以降は廃止になります。

定期券よりも安く大阪市営地下鉄を利用する方法があるか、検討してみました。
検討にあたっては、1ヵ月あたりの利用回数を40回(20日間)と設定しました。休日にも利用する方は結果が異なりますので、注意してください。

「一区特別回数券」は廃止されますが、「回数カード」は残ります。

 ■回数カード
  3000円で購入できて、3300円分の利用が可能


普通料金、定期券(1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月)、回数カードの利用形態ごとに1回あたりの利用料金を算出します。なお、3ヵ月と6ヵ月定期券は料金が公表されていないので、推定しています。
 
まずは1区間(180円)の場合です。

 料金1回あたり
普通料金¥180¥180
1ヵ月定期券¥7,410¥185
3ヵ月定期券¥21,120¥176
6ヵ月定期券¥40,020¥167
回数カード¥3,000¥164

回数カードが最安になりました。ただし、4月以前と違って、定期券の価格も下げられており、その差は僅差です。1ヵ月で120円のコスト削減となり、缶コーヒー1本程度でしかありません。6ヵ月定期券はクレジットカードで買えますし、手間を考えると6ヵ月定期券が有利です。


つぎに2区間(240円)の場合です。

 料金1回あたり
普通料金¥240¥240
1ヵ月定期券¥9,320¥233
3ヵ月定期券¥26,560¥221
6ヵ月定期券¥50,330¥210
回数カード¥3,000¥218

素直に6ヵ月定期券を買いましょう。


つぎに3区間(280円)の場合です。

 料金1回あたり
普通料金¥280¥280
1ヵ月定期券¥10,450¥261
3ヵ月定期券¥29,780¥248
6ヵ月定期券¥56,440¥235
回数カード¥3,000¥255

これも素直に6ヵ月定期券を買いましょう。


ということで、1区間の値下げ、消費税増税、1区特別回数券の廃止により、定期券購入が有利になりました。4月以降は定期券を買うことにします。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ


コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: