ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

【ランニング】トレイルランニングが引き起こす問題

最近、週1回のペースで山を走りに行ってます。走ると言っても体力不足で、上りは歩いて、下りは小走り程度です。7時間以上も山にいるので、家に帰りつくころには疲労困憊で、ブログの更新も滞っていました。

山を走るスポーツのことをトレイルランニングと言って、最近ブームになりつつあります。最近、ニュースでトレイルランニングが引き起こす問題を見ることがあります。
Yahooニュースから引用します。

 開山から1270年。「信仰の山」としても名高い高尾山を登山競走のトレーニングの場として利用するアスリートの存在は以前から聞いていたが、あまりの多さに驚いた。登山道を数分おきにジョギングとはいえないスピードで駆け上がっていく。登山客を抜く際に速度を落としたり、声をかけて注意を促すランナーはまれだ。多くが無言のまま駆け抜けていく。中には高齢のハイカーも多く、接触するだけで転倒や滑落の危険もありそうだ。

 人間同士のトラブルだけでなく、山を走ることは登山道を傷めることにもつながり、山に生育する植生にも影響が出てくるだろう。最近ではマウンテンバイクを山に乗り入れたりする愛好家もおり、深刻な問題になっている。トレランなどを規制する動きは一部で出ているが、現段階ではそれぞれのモラルに頼っている状況だ。



山道は一人がようやく通れる細い道もあり、ハイカーとすれ違う時には声をかけて、よけてもらう必要があります。「声をかけて注意を促すランナーはまれ」とありますが、私が知る限りでは「まれ」では無いと思います。トレイルランナーもハイカーも山ですれ違う時は、「おはよう」「こんにちは」「後ろから失礼します」といった言葉はかけるのが普通です。

少しでもハイカーとトレイルランナーが共存共栄できるように、無理な追い越しはしないことと挨拶、特に立ち止まってよけてもらった時は「ありがとうございます」を心がけたいと思います。

ブログランキングに参加しています。 
応援よろしくお願いします。 
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
 にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: