ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

ふるさと納税が簡略化?

最近、相互リンク先の方々もふるさと納税をされています。ただし、ふるさと納税の趣旨から外れて、利殖の手段の一つとなっていることに違和感を感じる人もいるみたいです。私はそういうことは気にしないタイプなので、ふるさと納税も活用しています。

また、以前、これほどブームになったら、ふるさと納税で各地の物産を獲得する手法はなくなると予想していましたが、逆にふるさと納税が便利になるようです。
財形新聞から引用します。(太字下線は私が追加)

政府は地方活性化策の柱の1つとして、現居住地以外の自治体に寄付を行うことで所得税や現居住地での住民税が軽減される「ふるさと納税」ついて、手続きの簡略化控除の上限を2倍にするなどの方針を発表した。より多くの人に「ふるさと納税」を利用してもらい、地方の活性化につなげる狙いだ。

(中略)

 政府によると今後の変更点は、まず減税対象が住民税に一本化される。これにより所得税の還付がなくなるため、確定申告が不要になり手続きが簡略化される見通しだ。これまで確定申告時の煩雑さから寄付を敬遠していた人も多く、利用者増加が見込まれる。

 もう1つは、税金控除を受けられる寄付金額の上限アップだ。これまでは所得税の一定額と住民税の所得割額の1割が上限とされていたが、今回の変更で、住民税の所得割額の2割まで引き上げられる。利用者の所得により違いはあるものの、最大で控除額はこれまでの約2倍となる。これらの変更は来年度から行われる予定だ。



私は確定申告は必要なので、あまりメリットはありませんが、利便性向上により、ふるさと納税を使う人は増えることでしょう。また、来年度にも実施されるため、雑誌やWebサイトでも取り上げられると思うので、また勉強してみようと思います。

ブログランキングに参加しています。 
応援よろしくお願いします。 
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
 にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: