ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

平成27年3月の株主優待クロス取引を終えての備忘録

平成27年3月はクロス取引・現物を全部含めて51銘柄の株主優待を取得することができました。一部、品受を忘れてるというミスをしましたが、手数料・金利・諸経費くらいの損失であり、大事に至らなくて良かったです。

さて、備忘録として、感じたことをまとめておきたいと思います。
①5万円未満の“ほぼタダ取り”銘柄は無くなった。
松井証券では1日の取引額が10万円までは手数料が無料です。そのため、5万円未満の株式は両建てにかかる手数料が無料になります。今年は該当の銘柄がありませんでした。(本当はあったのかもしれませんが、見つかりませんでした)


②10万円未満の“ほぼタダ取り”銘柄は少しあり。
応用技でSMBC日興証券は信用取引の手数料が無料なので、松井証券と組み合わせることで、10万円未満の松井証券の一般信用銘柄は“ほぼタダ取り”できます。今回、ラウンドワンと東急不動産HDを取得しました。2日かかるので、早めの仕掛けが肝心で、他にも対象銘柄はありましたが、間に合わず。


③SBI証券の一般信用売りが期待大
逆日歩の発生しない一般信用をSBI証券が始めています。現在は短期のみで、4月には長期が始まります。取引金額が大きくなると、手数料がカブコムや松井証券に比べると安くなるため、SBI証券で両建てできるなら、SBI証券がおすすめです。ただ、競争が激しくなっています。


あとは、手数料を下げるために制度信用もうまく使いたいです。GMOクリック証券の株主優待やSMBC日興証券は制度信用の手数料が無料です。

ブログランキングに参加しています。  
応援よろしくお願いします。 
 
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
 にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ  

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: