ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

ニッセイ投資信託の信託報酬の値下げで、コストは無くなる?

多くのインデックスブロガーがニッセイ投資信託の大幅な値下げを競うように記事にしています。私も遂にこのレベルまで信託報酬が下がったのかと驚きを感じました。

3つの投資信託が値下げの対象で、それぞれ次のように価格改定されます。

■<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
  信託報酬:0.31%→0.15%

■<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド
  信託報酬:0.38%→0.20%

■<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  信託報酬:0.39%→0.24%

これにより、条件次第ではコストがゼロになります。その条件は・・・
 ①SBI証券で1000万円以上の投資信託を保有すること
 ②SBIカードを保有すること

この2つです。

SBI証券で1000万円以上の投資信託を保有していると年間0.2%のSBIポイントが付与されます。通常、10000SBIポイント=8500円の交換となりますが、SBIカードを保有している場合は12000円となります。つまり、年間0.24%の現金還元という計算になります。

ニッセイの3つの投資信託は信託報酬が0.24%以下のため、コストがゼロどころか、差益の出る投資信託まで現れたことになります。

今後の注目点としては
 ①SBI証券のポイント付与制度が改悪されるか。
 ②国内債券・外国債券・海外株式以外のニッセイ投資信託の値下げは実施されるか。
です。

ブログランキングに参加しています。  
応援よろしくお願いします。  
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
 にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ


コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: