ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

SBI証券のiDeCo(確定拠出年金)の手数料が完全無料化へ

SBI証券のiDeCo(確定拠出年金)の手数料が完全無料化されました。

口座開設手数料や管理手数料が無料化されました。

口座開設手数料
加入時・移換時 0 円
運営管理機関変更時 0 円
口座管理手数料(月額)
残高50万円以上 0 円
残高50万円未満 0 円

今まで楽天証券のiDeCoと比較されて、資産残高50万円未満の時に発生する手数料のために、楽天証券有利となっていました。楽天証券でも即座に手数料無料化が発表されたために、手数料面では互角となりました。

となると、運用商品の勝負となるわけですが、新興国株クラスを除いて互角です。SBI証券の新興国株クラスにはEXE-i新興国株式ファンド(信託報酬:0.38%)があり、楽天証券のインデックスF海外新興国株式(信託報酬:0.59%)を大きく引き離す断トツの信託報酬の安さです。

私はサラリーマン時代の確定拠出年金を移管したため、資産額50万円を超えており、運用商品の優劣だけでSBI証券のiDeCoを選択しました。

ちなみに、iDeCoはindividual-type Defined Contribution pension planの略称なんですね。つまり、個人型確定拠出年金のことです。私の昔の記事で企業型確定拠出年金と言いたいところで、iDeCoとしてしまったような気がします。訂正しないと、違う意味になってしまいますね。


ブログランキングに参加しています。  
応援クリックをお願いします。  
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
 にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ


コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: