ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

ユナイテッドワールド証券でタイ株の取扱開始

中国株の売買をいち早く取り入れて、「中国株のパイオニア」と呼ばれていたユナイテッドワールド証券 で、タイ株の取扱が開始しました。


日本ではアイザワ証券が既にタイ株を取り扱っているので、最初と言うわけではありません。ただし、競合が増えることにより、手数料等の値下がりは期待できるため、タイ株に興味のある方は歓迎していることでしょう。


ユナイテッドワールド証券のタイ株の手数料を見てみると、かなり高いようです。

取引手数料現地手数料現地約定金額の0.4%
(1約定に付き)国内手数料一律固定1,000バーツ(消費税込み1,050バーツ)
 単元未満株現地手数料+国内手数料 (1口注文の扱い無し)


1バーツが3.8円ということなので、20万円の株を買うと、手数料だけで4790円にもなります。(コールセンター)


一方競合のアイザワ証券は同条件で、5900円でした。(インターネット)


まだまだ高いわけですが、先行しているアイザワ証券よりも安い手数料を提示しています。今後の競争に期待したいものです。


タイは軍部が政権を握るクーデターが起きていますし、数年前より南部でのテロが頻発しています。決して政情が安定しているわけではありません。


 個人的にはタイは大好きな国なので、応援したいと言う気持ちはありますが、海外ETFのEEMを通じて、少しだけ投資すると言う方が賢いように思います。


▼▼▼▼▼

ユナイテッドワールド証券

※タイ株の取引を行うためには中国株の口座を開く必要があります。


【参考記事】

・「BRICsもVISTAもNEXT-11も、み~んなOK!


↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
ブログランキング
現在の順位はこちらから確認できます>>

コメント
1 ■無題
タイ株ですか~
長いこと持っていたら、大きな利益がでそうですね!
ただ、テロとかの不安要素もたしかにありますね!
株とは関係ないですが
私の知人はタイに移住しました~!
2007/05/27(日) 09:49 | URL | mia-happy-life #79D/WHSg[ コメントの編集]
2 ■タイ株はバリュー株?
本当かどうかは分かりませんが、ユナイテッドワールド証券は、タイ株はバリュー株だと言う触れ込みで宣伝していますね。バリュー株であれば、長期ホールドで大きな利益を生む可能性があります。

タイに移住ですか!?
僕も学生の頃、タイを旅行していましたが、移住した人を何人か知っています。彼らは現在何をしているのかな・・・
2007/05/27(日) 20:05 | URL | エッジ #79D/WHSg[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: