ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

私のアセットアロケーション

アセットアロケーションの重要性は、内藤忍氏の著書やブログ等でも紹介されており、インデックス投資家の人は自分のポリシーを持って投資をされています。


エマージング投資が多い人、日本債券には投資をしない人、アクティブファンドには投資をしない人・・・


正解がないのがアセットアロケーションの難しいところです。


ただし、統計に基づく期待値やリスク(標準偏差)は計算できます。例えば、ホンネの資産運用セミナー様の記事「アセットアロケーションのリスク&リターン計算シート 」には、各アセットクラスの割合を入力するだけで期待値や標準偏差を計算してくれます。便利なツールなので、試してみると良いでしょう。


さて、本題に入りたいと思います。


私のアセットアロケーションは、流動資産、日本株式、日本債券、海外株式、海外債券の5つのアセットクラスに分類されたオーソドックスなものです。このうち、海外の株式を地域ごとに分けてしまおうと考えました。


時価総額で考えると、アメリカ50%、日本15%、ロンドン15%、ヨーロッパ15%、その他(エマージング等)5%が適当なところですが(橘玲「臆病者のための株入門」より)、次のような理由から補正をかけることにしました。


■為替リスクがない日本への投資を若干増やしたい。

■アメリカの先行きが心配されるため、減らしたい。

■エマージング市場(その他)は、暴落があるが、投入型の経済成長が今しばらくは期待できるため、もう少し増やしても良い。


つまり、アメリカ→減、日本→増、その他→増という補正をかけて、アメリカ40%、日本20%、ヨーロッパ20%、エマージング20%としました。


そして、流動資産10%、株式60%、債券30%という比率で投資を行うこととしており、日本債券は3%程度に抑えることにしています。


以上の諸々の計算を行うと、私のアセットアロケーションは次のようになりました。


 流動資産株式債券
10%60%30%
日本20%10%12%3%
アメリカ40%24%27%
ヨーロッパ20%12%
エマージング20%12%


ホンネの資産運用セミナー様の記事「アセットアロケーションのリスク&リターン計算シート 」で計算してみると、期待値5.8%、標準偏差14.66%となります。68.3%の確率で、リターンが-8.86%~20.46%の間におさまるという計算になります。


下限値が約-9%ですか・・・、急に損をしても驚かないようにしないといけませんね。


↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
ブログランキング
現在の順位はこちらから確認できます>>

コメント
1 ■私のアセットアロケーション
エッジ様
 私のアセットアロケーション(目標)と比べてみると、かなり似ているように思いました。
http://otsu.seesaa.net/article/41413879.html
やっぱり新興国は若干重視したいですよね。
2007/06/03(日) 07:50 | URL | 乙川乙彦 #79D/WHSg[ コメントの編集]
2 ■乙様
ホントですね。
国別の投資方針に至ってはまったく同じでした。

今のところ、REIT等のオルタナティブには投資していませんが、投資に値する金融商品が出てきたら、もっと似てくるかもしれません。
2007/06/03(日) 18:08 | URL | エッジ #79D/WHSg[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: