ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

8月12日日経新聞日曜版のマネー入門は、外為証拠金取引でした。

8月12日の日経新聞の「マネー入門」は、外為証拠金取引(FX)のことが説明されていました。


FXに興味がある人も既に始めている人にもおすすめの内容です。


前半はFXの一般論として、レバレッジ、ロスカット等の仕組みが解説されています。



後半の分析部分を要約してみます。


■FXと外貨MMFと外貨預金の金利比較

・FXのスワップ金利は、MMFより若干高く、外貨預金を大きく上回っている。

・日銀の利上げにより、この優位性は揺らぐことになる。

・手数料面では、FXが一番有利。


※マネックス証券を例に挙げていますが、業界最安値は『みんなのFX』です。(「手数料最安値のFX 『みんなのFX』 」)



■レバレッジの危険性

・レバレッジを高めていくと、急激に強制決済の水準が上がっていく。

・レバレッジは、2,3倍に抑えるのが妥当。


※私は4.5倍を目安にしていますが、スワップ金利によりレバレッジが下がっていく効果を織り込んでいます。また、急激な円高に備えて、投入する余剰資金も準備しています。


■税制面

・FXはスワップ金利も為替差益も東京金融先物取引所を通した場合(クリック365の場合)は、20%の申告分離課税で、その他は雑所得として総合課税される。

・外貨MMFは為替差益は非課税となる。


※FXの最大の弱点は、税制面だと思います。外貨MMFの為替差益が非課税は羨ましいですね!


日経新聞の記事では、図表を用いて分かりやすく解説しています。FXに興味のある方はぜひご覧ください。


【参考記事】

・「そろそろ、FX投資は冷静になりませんか?


 ⇒ブログランキングへ    ⇒ブログ村へ


コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: