ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

東洋経済「危険な資産運用」について

2007/2/10号の週刊東洋経済に「危険な資産運用」という特集がありました。


団塊の世代が集団退職するため、38兆円にも上る退職金の行方が注目されています。


この特集は金融商品の仕組み・代表的な商品のリスク、そして多くの紙面を割いて説明しているのが、「ダマシの手口」です。自分だけに美味しい話がやってくることは無いと思っていれば防げるものを、どうしてもスケベ心が出てしまって、騙し取られる、そんな人が後を立たないことが伺えました。


団塊の世代向けに書かれた記事ですが、2点だけ参考になりました。


1.今の円安は外貨建て投資信託や外国為替証拠金取引(FX)が起こしており、ひとたび先進国の利上げで流動性吸収ショックが起これば、100円割れの危険もある。


【感想】

FXはスワップ金利狙いで運用していますが、95円程度の円高に耐えられるようにレバレッジを調整する。

スワップ派は追加投資を行わなければレバレッジは自然と下がっていきます。その効果を使って、決済をすることなくレバレッジを適正な値に調整していきます。


2.(小さな記事ですが)さわかみファンドはここ数年はTOPIXと動きがほとんど変わらない。


【感想】

TOPIXと変わらないのであれば、比較的安いとされている信託報酬1%でさえ、コスト高と言える。よりコストの安いETFにシフトするべきかもしれない。さわかみファンドはファンダメンタル分析にともづく長期投資を行っており、カリスマ的に人気のあるファンドですが、300以上の銘柄に分散投資されており、特色を失っているのかもしれません。少し冷静に考えてみたいと思います。




↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
ブログランキング
現在の順位はこちらから確認できます>>


[PR]エッジのホームページ>>こちら

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: