ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

初めての確定申告①

 今まで特定口座源泉徴収ありでしか株式譲渡が発生していなかったので、確定申告をすることがありませんでした。しかし、2006年は外国為替証拠金取引(FX)で利益を上げたため、確定申告を行うことになりました。


 生まれて初めての確定申告なので、分からないことだらけですが、関係する本を読んだり、嫁の友達の税理士さんに話を聞いたりして、勉強しました。自分の備忘録と皆様にもお役に立つと思うので、メモを残すことにします。ただし、税務署の判断により異なる場合がありますので、最終的には所轄の税務署に確認を取ってください。


【サラリーマンで確定申告が必要な人】

 ・年収が2000万円以上

 ・給与を2ヶ所以上からもらっている人

 ・給与所得以外に各種所得合計が20万円以上ある人

サラリーマンは源泉徴収制度のため、確定申告は必要ありませんが、3つ目の条件で確定申告をする必要が出てくる場合が多いのではないでしょうか。


【通信費を経費計上する】

 経費こそがグレーゾーンがあると呼ばれる部分であり、各税務署の判断で経費として認められたり、認められなかったりと悲喜こもごもの原因となります。(言いすぎかな(・ω・)/)


 雑所得は経費計上が認められています。エッジは通信費を計上することにしました。通信費といえば、ネットで株やFXをしている人にとって、大きな割合を占めるのはプロバイダ料金です。プロバイダ料金の領収書は郵送されてくる明細書を保存しておくのが原則です。しかし、オンラインでの料金照会画面をプリントアウトしたものでもOKのようです。


★オンライン照会画面でOKとは知っていたのですが、エッジのプロバイダ会社は過去6ヶ月分しか照会できませんでした。これは悔しかったです(ノ_・。)これを教訓に来年は適宜プリントアウトしたものを準備します。


 プロバイダ料金は100%経費計上が出来た事例と一部しか認められなかった事例があります。これは税務署の判断となりますが、インターネットでオンラインショッピングやニュースサイトなどの趣味に使っている時間と実際にトレーディングをしている時間があるはずです。事業按分といいまして、トレーディングに使っている時間だけを計上してくださいと指導されることがあります。きっちりと説明できれば100%でもOKです。エッジは50%を計上することにしました。


 結局、過去6ヵ月分で事業按分が50%なので、少なくなってしまいましたが、これも勉強のため、経費を計上します。


【準備資料】

 ・源泉徴収票

   →会社から発行されているはずです。

 ・特定口座年間取引報告書

   →特定口座を開いている証券会社から送られてきます。

 ・年間取引計算書

   →「ユナイテッドワールド証券」は特定口座がありません。

     しかし、年間取引計算書を電子交付していただけます。(

 ・外国為替証拠金取引(FX)の取引報告書

   →「三貴商事(INV@ST )」は希望者には発行してもらえます。

   →「セントラル短資」は電子交付の月次報告書から自分でExcelファイルを作成しました。

 ・経費の一覧表+明細書

   →自分でExcelで作りました。明細も準備しています。


ユナイテッドワールド証券のシステムの不具合なのかもしれませんが、株式分割された場合、正しく計算されずに空欄になるバグがありました。現在、システム対応中のため、来週中には正しい計算書が交付されるとのことです。本日電話で確認しました。非常に親切な方でした。エッジも情報システム関係を仕事にするものとして、応援しています!


本日は会社を休んで準備をしていました。一部、資料が揃いませんでしたが、来週中には準備完了の予定です。初めての確定申告なので、ドキドキです。。。続編をお待ちください。


【続編】

 ・「初めての確定申告②


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


コメント
1 ■無題
こんばんは。私もそろそろ確定申告の準備を始めないといけない考えていたので、大変役にたちました。私はサラリーマンなので各種所得を20万円/年未満に抑えようと考えるのですが、いつもアウトです。今年は幸か不幸か1ヶ月強にして、既に断念。 プロバイダ料金を通信費として経費計上できる件は私にとってはニュースでした。
2007/02/10(土) 01:25 | URL | エル #79D/WHSg[ コメントの編集]
2 ■参考になれば嬉しいです
エルさん、こんにちは。

なにしろ初めての確定申告なので、
他の方の体験事例などを参考にしてます。

他にもネットトレードに絶対必要なパソコンというのも経費の対象となるそうです。

サラリーマンにとって、経費計上なんてことは、あまり経験の無いことなので、今年はプロバイダ料金だけですが、何が経費の対象化は調べていこうと思います。

続編をお待ちください。
2007/02/10(土) 07:29 | URL | happy-retire #79D/WHSg[ コメントの編集]
3 ■無題
へ~、パソコン代も経費ですか。その費用は、購入代金を8年間で減価償却した場合の金額か何かになるのでしょうか? 通信費は、私の場合CATV利用なので、CATV会社に1年分の領収書の発行を先ほど依頼しました。続編を多いに期待しています。
2007/02/10(土) 11:24 | URL | エル #79D/WHSg[ コメントの編集]
4 ■パソコンの場合は
20万円以上のパソコンの場合は、9割を4年償却となります。

1年間の経費=購入価格×0.9×1/4

10万円から20万円は1/3ずつ経費計上、10万円以下は一括経費計上が認められているそうです。(手元の本によると)

あと、また事業按分の関係もあるので、トレーディング専用であることを説明しないとダメですね。
2007/02/10(土) 14:28 | URL | エッジ #79D/WHSg[ コメントの編集]
5 ■自己レス

20万円以上の備品の経費計上の考え方が、平成19年4月から、少しだけ変更になっています。

■平成19年3月31日以前に取得したもの
 1年間の経費=購入価格×0.9×償却率

■平成19年4月1日以後に取得したもの
 1年間の経費=購入価格×償却率

つまり、0.9は掛けなくて良いことになります。
2008/01/20(日) 13:16 | URL | エッジ #79D/WHSg[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: