ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

オープンソースの思想を取り入れたLION FX(HIROSE-FX3)

オープンソースソフトウェアという言葉をご存知でしょうか?


IT関係のお仕事をされている方はご存知のことと思いますが、その他の方は馴染みのない言葉でしょう。


オープンソースソフトウェアとは、簡単に言うと、ソフトウェアの開発やバージョンアップ作業に誰でも参加でき、自由な思想の基に作られたソフトウェアです。また、一部商用に取り入れられたものを除いて、無料で利用できるため、コスト削減に取り組む企業の間でも盛んに利用されています。


「誰でも参加できる」という部分が大切です。通常の商用ソフトウェアの場合、開発者は数十人規模ですが、オープンソースソフトウェアは数百人にもなります。よって、オープンソースソフトウェアは不具合を発見するテストの精度も驚くべき高さを誇ると言われています。


さて、私も利用させて頂いているヒロセ通商さんで、現在開発中の次期FXシステム「LION FX(HIROSE-FX3)」では、αバージョンが公開されており、みんなで使い勝手を試しながら、改善要望を伝えることが出来ます。


現在、掲示板で熱い議論がされており、ヒロセ通商の社員さんも参加されています。時には脱線することもありますが、基本的には前向きな議論が繰り広げられています。これは画期的なことではないでしょうか?


LION-FX(HIROSE-FX3)では、ユーザが参加できるようになったため、不具合(バグ)の発見やユーザ主義の仕様の追加が期待できます。ヒロセ通商さんにとっても、ユーザに喜んでもらえるFXシステムが出来るわけですから、Win-Winの関係が構築できます。


このユーザ参加型のシステム開発が、オープンソース的な思想だなと思ったわけです。ヒロセ通商さんは掲示板を開いて、ユーザとの対話を大切にされる企業なので、実現できた稀有なケースだとは思いますが、今後のシステム開発に一石を投じるケースとして、見守って行きたいと思います。


▼口座開設▼

ヒロセ通商


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: