ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

関西ノムラ資産管理フェア2007

野村證券主催の関西ノムラ資産管理フェア2007に行ってきました。


ゴールドマン・サックスやJPモルガンなどの大手資産運用会社のセミナーや関西に地盤を置く企業のIR活動の一環なのですが、注目すべきは関西ではめったにお目にかかれないような方の講演会です。(私の記憶では去年と同じ方々です)


1.「内外から見た日本経済」
 リチャード・クー氏(株式会社野村総合研究所 主席研究員)


2.「職縁社会から好縁社会へ」
 堺屋 太一氏(作家)


3.「世界経済は新しい舞台へ」
 大前 研一氏(株式会社ビジネスブレークスルー 代表取締役社長/ビジネスブレークスルー大学院大学学長)


4.「今後の経済展望と株式市場」
 海津 政信(野村證券株式会社 経営役 金融経済研究所長)


私は去年に引き続き大前研一先生の講演会に行ってきました。いくつか機知に富む示唆を与えてくれる良い講演会でした。


■予想ではなく、分析に基づく投資を行うこと

 分析の結果、最適な投資先が見えてくるのであって、投資は予想ではないと断言されていました。


■世界のトレンドに基づく投資

 大手投資家、例えば米系年金組合などはトレンドを作り出すことに長けており、インターネットを使えば投資を始めるタイミングと撤退するタイミングを把握することは可能である。我々もそのトレンドに追随すること。


■国際分散投資を行うこと

 日本の財政は危機的な状況にある。3つのシナリオを考えているが、いずれにしても国民に痛みを生じるものである。日本だけでなく、海外に投資を行う必要がある。


野村證券主催ということで、投資の話をしていましたが、大前先生が一番おっしゃりたかったことは、定年退職を迎えた段階の世代は、お金を溜め込むのではなく、人生を楽しむためにお金を使って欲しいということだと思います。


また、予想ではなく分析に基づく投資であれば、エマージング市場(新興国)への投資は賛成の意見を持っていました。それは去年の講演会でも同様のことをおっしゃっており、私はトルコ・中東欧・インド・ブラジル等へ投資することにより、大きなリターンを得ることができました。ただし、何度も申し上げるとおり、割合を減らす方向で動いています。


目標リターンは10%が世界標準であるとおっしゃっています。

大前さんは10%が標準とは厳しいことをおっしゃると思いつつ聞いていました。これはインデックス投資だけでは困難な値です。どうすれば達成できるのかは答えはありませんが、エマージングの他にも、短期・中期の資金回転などを組み合わせる必要があるでしょう。例えば、新規公開株(IPO)などです。


大前先生の講演会は、関西では貴重な機会なので、ぜひ来年も呼んでいただきたいです。そして、来年はリチャード・クー氏の講演会も聞きにいこうと思います。


↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
ブログランキング
現在の順位はこちらから確認できます>>


[PR]エッジのホームページ>>こちら

コメント
1 ■管理フェア
講演会も魅力の一つだとおもいます。
しかし、企業ブース回りで手一杯のため、参加できませんね。
2日間参加できれば可能かな
2007/02/19(月) 06:06 | URL | sifer #79D/WHSg[ コメントの編集]
2 ■IRブースも巨大ですね♪
確かに、IRブースも巨大で、粗品を集めるだけでもかなり時間が掛かりますね(^-^)/

私は時間が無かったので、株主優待の本をゲットしただけですが、結構役立ちそうです。

2007/02/19(月) 20:45 | URL | エッジ@管理人 #79D/WHSg[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: