ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

橘玲「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編」

橘玲氏の新刊を、ざっと通読しました。

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編/橘 玲
¥1,995
Amazon.co.jp

まさに世界中の証券取引所に上場されているETFの解説本として、現時点では最高傑作では無いでしょうか。750本の海外ETFの一覧を掲載すると共に代表的な海外ETFの解説が加えられています。


日本では購入できない海外ETFを含まれています。高いコストのファンドを購入させられている私は指を加えて見ているしかありません。せめて、国際REIT指数とリーマン世界の債券指数に連動する海外ETFが買えれば良いのですが・・・


さて、この本の良かったところと悪かったところをまとめておきます。


■良い点

 ◇ETFの最新情報が入手可能

  →バリュー投資、グロース投資、ヘッジファンドなど様々なETFが

    登場していることは驚きです。日本で販売されれば流行りそうです。


 ◇税金に関する記述

  →海外投資は税金と取扱が難しいので、参考になります。

    特に勉強になったのは、ゼロクーポン債券を用いた節税が

    無効になった点でした。(知らなかった・・・)


■悪い点

 ◇海外ETFの一覧に管理報酬が掲載されていない。

  →やっぱりコスト比較したくなるものですが、

    ネット等で別途調べる必要があります。


 ◇海外ETF以外の記載が手薄

  →デリバティブが有効であると記載されていますが、

    もう少し突っ込んだ解説が欲しかった。

    この部分は勉強する価値がありそうだという問題提起にはなった。


インデックス投資家にはおすすめの本です。将来的には日本で購入できるようになると思われる海外ETFを予習してみませんか?


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ


コメント
1 ■お疲れ様でございます
いつも楽しみに拝見させて頂いております。早速私も購入してみたいと思います。
2008/08/06(水) 06:08 | URL | takizawatakuya30 #79D/WHSg[ コメントの編集]
2 ■takizawatakuya30さんへ
ブログを拝見しました。

橘玲さんの本は、「苛立ちを感じる」種類の本ではないと思いますので、ぜひ読んでみて下さい。私のお気に入りの作家です!
2008/08/06(水) 22:36 | URL | エッジ #79D/WHSg[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: