ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

日経金融機関ランキング2008

毎年、日本経済新聞社が実施している日経金融機関ランキングの顧客満足度の分野で、ソニー銀行が首位となったそうです。


満足度評価
1(1)ソニー
2(3)セブン
3(2)新生
4(4)大垣共立
5(8)りそな
6(-)住信SBIネット
7(-)京都信金
8(-)イオン
9(9)三井住友
9(6)三菱東京UFJ
9(11)十六

(日本経済新聞の12月14日朝刊より)


ソニー銀行が首位を取った理由は、「ネット千行銀のため店舗などにコストをかけず、相対的に高い預金金利を設定。投資信託などの品揃えも充実している。」(日本経済新聞12月14日朝刊)といいます。


ソニー銀行より高い預金金利を設定しているところがありますし、販売手数料の高い投資信託を扱っているので、私にはメリットを感じません。(ネット証券ではノーロードで扱っているインデックスファンドが販売手数料を取っているものが山ほどあります)


しかし、ソニー銀行が支持されているのは、平均以上の金融商品に加えて、サポートが充実していることなのかもしれません。


妻が定期預金の解約のため、コールセンターに電話した時、対応の丁寧さに感動したといいます。無機質なコンピュータが話しているような対応しかできないオペレータが多い中で、ソニー銀行のオペレータは親身になって相談にのってくれる方だったそうです。高級ホテルのコンシェルジュのようだったと、べた褒めでした。


ランキング上位に並んでいる金融機関では、おそらく顧客接点の方々が優秀なのだと推察しています。私は金融商品の優劣だけで利用する金融機関を決めてしまいますが、高齢化社会においてはソニー銀行のような会社が支持されると思います。


参考になったなぁと思われたら、

↓どれか一つで良いので、ポチッと押してください。↓

ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: