ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

リレー投資に向いている投資信託

リレー投資に向いている投資信託の条件は、「中期的な期間で支払われるコストが一番安いもの」となります。


つまり、数年以上の長期で見た場合、信託報酬が一番安い投資信託=一番良い投資信託となりますが、リレー投資では最終的にはETFにスイッチするわけですから、「購入手数料」や「信託財産留保額」にも着目して、投資信託を選ぶ必要があります。


では、外国株式でリレー投資する場合に適したファンドを調べてみました。すると次の2つが有力になります。(購入手数料は証券会社によって異なるため、一番安い証券会社を採用しました)


1.ステートストリート外国株式インデックスファンドカブドットコム証券

 購入手数料 0%信託報酬 0.9975%信託財産留保額 0.3% 


2.トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド(マネックス証券

 購入手数料 0%信託報酬 1.3%信託財産留保額 0%



ステートストリートの信託財産留保額は0%であれば、文句なく、リレー投資はステートストリートが適していると判断できたのですが、信託財産留保額を取るため、単純な選択は出来ず、最適な投資信託はリレー投資の周期と関係することになります。


ステートストリート&バンガード

上のグラフは2つのファンドを縦軸に支払いコスト、横軸に経過月数として、プロットしたものです。12ヶ月のところで二つのグラフが交差することが分かります。つまり、リレー投資の周期が12ヶ月以上では「ステートストリート外国株式インデックスファンド」が有利で、12ヶ月未満では「トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド」が有利という結論になります。


例を挙げると

ファンドを月々5万円積み立てて、120万円で海外ETFへスイッチするケースでは、120/5=24ヶ月周期となるため、「ステートストリート外国株式インデックスファンド」が有利となります。


一方、

ファンドを月々10万円積み立てて、100万円で海外ETFへスイッチするケースでは、100/10=10ヶ月周期となるため、「トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド」が有利となります。


実際は海外ETFの手数料が高いことにより(参考)、周期が長くならざるを得ないため、ステートストリートが有利と思います。


ステートストリート外国株式インデックスファンドはカブドットコム証券でノーロード&積立可能ファンドです。



トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドはマネックス証券でノーロード&積立可能ファンドです。

 


↓当サイトへ応援クリックをよろしくお願いします↓
ブログランキング
現在の順位はこちらから確認できます>>


[PR]エッジのホームページ>>こちら

コメント
1 ■そっか
 数日悩んでましたが、
 やっとリレー投資の意味がわかりました。ETFは一回に数十万円が必要なために、それまでの貯金箱代わりに投資信託にいれておくっていうことですね。
2007/03/19(月) 16:08 | URL | 世界のREIT #79D/WHSg[ コメントの編集]
2 ■リレー投資とは
世界REIT様

はじめまして。

リレー投資という言葉が一般的かどうかは疑問です。
というのも、内藤忍さんの本以外で見かけたことがありませんから(;^_^A

こちらの記事で図示しているので、合わせてご覧ください。
=>http://ameblo.jp/happy-retire/entry-10025486991.html
2007/03/19(月) 21:25 | URL | エッジ #79D/WHSg[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: