ポートフォリオ理論に基づく国際分散投資の話を中心に、インデックス投資・新興国投資・株主優待・IPOと幅広い資産運用の話を取り扱っていきます。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015に投票しました。

遅ればせながら、投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015への投票をしました。(正確に言うと、この記事を投稿後に投票します)

毎年、自分が積み立てをしている投資信託を選んでいます。今年も基本的には同様の考えなのですが、1本に絞って投票しました。その投資信託は・・・

ニッセイ投資信託の信託報酬の値下げで、コストは無くなる?

多くのインデックスブロガーがニッセイ投資信託の大幅な値下げを競うように記事にしています。私も遂にこのレベルまで信託報酬が下がったのかと驚きを感じました。

3つの投資信託が値下げの対象で、それぞれ次のように価格改定されます。

■<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
  信託報酬:0.31%→0.15%

■<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド
  信託報酬:0.38%→0.20%

■<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  信託報酬:0.39%→0.24%

これにより、条件次第ではコストがゼロになります。その条件は・・・

SBI証券で投信積立キャンペーン第2弾

今年の4月にSBI証券投信積立キャンペーンを実施していましたが、同じ内容で第2弾の投信積立キャンペーンが実施されています。

ニッセイTOPIXインデックスファンドが登場、日経225とどちらを選ぶ?

多くの老舗ブログで取り上げられていますが、日経TOPIXインデックスファンドが登場します。

■ニッセイTOPIXインデックスファンド
  販売手数料:なし
  信託報酬:年0.29%(税抜)
  信託財産留保:なし

 
私は日本株ではニッセイ日経225インデックスファンドに投資してきました。

上場インデックス新興国株(1681)への新規投資を止めます。

積立投資のほとんどは投資信託を利用していますが、新興国株式だけは上場インデックス新興国株(1681)に投資してきました。ただ、「ホンキの資産運用セミナー」や「ひと手間くわえた積立投資で資産形成」の記事を読みまして、方針を変更することにしました。

ホンキの資産運用セミナー「日興アセットETF1680・1681の新規投資を停止~ニッセイ外国株とeMAXIS新興国株を投資開始」
ひと手間くわえた積立投資で資産形成「日興AMの国内ETF(1680, 1681)がリターンパフォーマンスでボロ負けしているので問い合わせてみました」

日興アセットの売りだしているETFは同種のインデックスファンドと比較してリターンが良くないという事実を重要視しています。今まで大量に1680や1681に投資してきましたが、新規の積み立ては止めます。(正確には1681は別の理由でだいぶ前に新規投資は止めています)

保有しているETFはだいぶ利益が出ているので、税率20%超の現在では逆スイッチ投資はしません。新規投資のみ切り替えることにします。

ブログランキングに参加しています。  
応援よろしくお願いします。 
 
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
 にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ  
プロフィール

エッジ@幸せなお金持ち的日記

Author:エッジ@幸せなお金持ち的日記

メディア掲載履歴
◇日経マネー2007年8月号
◇日経マネー2008年2月号
◇日経マネー2008年8月号
◇クレジットカード&電子マネーがっちり活用術
◇日経ヴェリタス2010年5月16日号
◇日経マネー2010年9月号
◇月刊ネットマネー2010年10月号
◇日経ヴェリタス2011年2月27日号
◇日経ヴェリタス2012年1月1日号
◇日経マネー2013年3月
◇日経ヴェリタス2013年6月23日号
最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示

アクセスカウンター
ブログ内検索

ネットショップ
アクセスランキング
人気記事ランキング
ブログパーツ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: